« オーク弁天寄席 | トップページ | 桂福團治・福楽 親子会 »

笑福亭福笑独演会 笑顔で元気の出る落語会

2007/4/24 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭 たま 「時うどん」
  • 笑福亭 福笑 「千早振る」
    ―― 中入り ――
  • 橘 右佐喜 《寄席文字あれこれ》
  • 笑福亭 福笑 「憧れの甲子園」 (作:笑福亭福笑)


 出張先から直行。(落語会の合間に出張を入れるんで、どうしてもこないなります)
 ちょっと時間があったんで、ひさしぶりに梅田をぶらぶら。そのあとうどんで腹ごしらえして会場へ。指定席だったんで早く行く必要もなかったんですが、開場前に到着。一番太鼓は笑福亭喬介さんが打ってました。
 この日の会はどっかの貸切公演で、一般へは 2 階席しか販売してなかったんですが、ひょんなことから 1 階席を都合してもらえました。面が割れてるとちょっとラッキーなこともありますね。


 まずはたまが、ブラックなマクラから、しつこいくらいに時刻の解説をして「時うどん」へ。
 前半のうどん屋とのやり取りでは、清八がうどん屋に凄んでみたり、喜六に袖を引っ張られる清八が最初は「引っ張りな」と云わずにマイムで応対したり、ちょこっとリニューアルされてるよう。相変わらずうどんの量は多く、目突き攻撃も増量!
 後半は喜六のひとり舞台。超不味いうどんも完食。

 福笑の 1 席目は、「人間に生まれて良かった」って話から「人は見かけだけやないけど‥‥」みたいな話へとマクラをつないで「千早振る」を、一杯引っかけてきた勢いで。
 娘に訊かれて云々はバッサリ切り、百人一首に興味を持ったアホが物知りの家を訪ねる、と云うシンプルな構成に。このアホが読み間違い王で、「ひゃくにんひとくび」に始まって「おのこちょう」「きよししょうのげん」から「ざいはらぎょうへい」まで。アホが「千早振る 神代も聞かず 竜田川 韓紅に 水くくるとは」の歌の意味を訪ねると、物知りは浪曲調や河内音頭風に歌ってごまかしたり、崇徳院の「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」と混ぜこぜにしてみたり、時間稼ぎに四苦八苦。途中で説明に困ると居直りの逆ギレ。
 林家花丸の「千早振る」に感化されてのネタ下ろし(か、それに近い高座)だったが、言葉にこだわる福笑らしいアレンジが光る一品に。ここから削ったり膨らましたりして整理されてからもまたたのしみ。

 中入りを挟んで、繁昌亭に初登場の右佐喜が寄席文字講座。寄席文字の特徴を簡単に解説し、観客からのリクエストで「夢」「心」「雀」「豊」「食」の文字を書く実演。

 福笑の 2 席目は、選挙の話題から、政治、金、野球界とマクラをつないで、自作の「憧れの甲子園」を。甲子園初出場を果たすも一回戦で敗退した野球部の、打ち上げでの監督の酔態にスポットを当てた噺。
 最初は選手たちへの慰労を語るも、ひさしぶりに一杯飲むと、その途端に豹変。喜怒哀楽の振幅が徐々に大きくなってきて、わがままになる様がえげつない。


 福笑さんやたまさんのおもしろさはもちろん、寄席文字教室も興味深く、番組構成が良かったです。
 福笑さんの「千早振る」はもはや古典の域を凌駕してますが、それでもおもしろいものはおもしろい。この路線でどんどん古典のリメイクを手がけてほしいです。その渦に遊方さんあたりが巻き込まれれば、なおおもしろくなりそう。新作の会とは別に、古典の改作の会が立ち上がれば、と思います。

|

« オーク弁天寄席 | トップページ | 桂福團治・福楽 親子会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭福笑独演会 笑顔で元気の出る落語会:

« オーク弁天寄席 | トップページ | 桂福團治・福楽 親子会 »