« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | ドミニカ報告会 »

ビギナーズラック

2007/4/7 @天満天神繁昌亭

【古今東西さくら祭】

  • 桂 吉弥 「子ほめ」
  • 桂 かい枝 「堪忍袋」
  • 桂 吉弥 「親子酒」
    ―― 中入り ――
  • 桂 吉弥 「セレブ花見」 (作:桂吉弥&米井敬人)
  • 桂 かい枝 「サクラの代紋」 (作:桂かい枝&福ミミ)
  • かい枝・吉弥 《トーク》

※ Vol. 04


 会場を TORII HALL から繁昌亭へ移しての第 1 弾。
 開演時間を勘違いしていて、会場へ到着したのは開場直後。雨のなか、すでにえらい列ばれてました。それでもなんとかいつもの席へ。
 入りは、1 階はほぼ満席、2 階にも入って、約 200 人ってとこでしょうか。当日券もかなり出た模様。繁昌亭効果ですね。


 開口一番は吉弥。観客調査すると、『ビギナーズラック』ビギナーがほとんど。会の趣旨を説明してから「子ほめ」を。時間を意識してか、所々端折りながら、それでもきっちり。

 つづいてかい枝。軽く観客を転がして、唐突に「堪忍袋」へ。喧嘩の理由を云い合いをする夫婦のねちっこさがかい枝らしく、自身の実録も交えてたっぷりと。

 ふたたび吉弥で「親子酒」。先日の『平成紅梅亭』でも観たが、酔っ払い具合が絶品で、とくに息子の陽気さと、からまれるうどん屋とのやり取りがたのしい。

 ここで吉弥がかい枝を呼び出して、中入り後に演る新作の出番を決めるジャンケン。勝った吉弥が先行に。

 中入りを挟んで、吉弥はマクラなしで本編へ。インターネットで「貧乏花見」を検索したらヒットした「セレブ花見」が近所で開催されると知り、ちょっとのぞいてみる‥‥って噺。桜にちなんだ芸能人が出てきて、吉弥が微妙な物まねで再現。
 キャラ作りはなかなか。もう少し違うパターンのギャグを盛り込めば普通に演れそう。桜金造は旬の時事ネタで、今後使いづらいか?

 つづくかい枝もマクラなしで。鬼警部と新米で頼りない刑事との捜査日誌みたいな噺。
 仁智の「源太と兄貴」と同系統のパターンで、ダジャレのギャグが多い。キャラはおもしろいのに、かい枝自身に照れがあるのか、押しが弱くて中途半端な笑いに。

 スクリーンが下りてきて、観客が普段見られない繁昌亭の舞台裏(楽屋や事務所)を写真で紹介。3 階まであるとはびっくり。


 繁昌亭に移っても基本的なラインは変わらず、でした。ただ、なんとなく焦点が定まらんと云うか、独特のゆるぅ~い空気感も相変わらず。まったりした会でした。

 終演後、受付で T シャツがかなり売れてたようで、かい枝さんと吉弥さんはサインに大わらわ。混雑してたんで、今回からグッズに加わった手拭いをチェックできませんでした。

桂かい枝の さぁかいしでーす!!
桂吉弥ホームページ

|

« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | ドミニカ報告会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビギナーズラック:

« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | ドミニカ報告会 »