« 無我 2007 M-ROAD | トップページ | 千朝落語を聴く会 »

atto おどろく落語会

2007/5/17 @太極拳処“atto”

【初めての人でも分かる英語落語の会。】

  • 桂 しん吉 《ごあいさつ》
  • 桂 しん吉 「天災」
  • 桂 しん吉 「牛乳時代」 (作:中島らも)
    ―― 中入り ――
  • あさ吉・しん吉 《初めての英語落語の前に》
  • 桂 あさ吉 「The Zoo」

※ 第 25 回


 予定を ねたのたね でチェックして予約して行ったんですが、開演時間が 19 時半を 19 時と間違ってて、えらい早くに到着。遅くに間違えるよりは良かったんですが。
 前回行ったとき は大入り満員でしたが、今回は 16 人でゆったり。男性客は 3 人で、あいかわらずの女性人気です。


 まずはしん吉のごあいさつ。阪堺電車とロッキーの関係から、桂米朝負傷の話題、『きふね寄席』の楽屋話など。笑福亭福笑のさもありなんなエピソードがたのしい。
 つづいてしん吉の 1 席目、マクラをしゃべり始めるなりあさ吉が会場の外へ。どんだけ自由人やねん!?!? 「天災」はきっちり吉朝の型で。いらちな男の啖呵もポンポンと威勢良く。
 さらに 2 席目、中島らもの思い出話や、らも作の小咄をマクラに「牛乳時代」。以前に観たときよりもええ具合にこなれて、中島くんのキャラがまとまってる印象。最後に本物の牛乳を口に含んで「ム~ン」。

 中入りを挟んで、あさ吉としん吉でトーク&英語落語の解説。これがまたあさ吉ワールド全開って感じ。会自体がリラックスしたゆる~い雰囲気で、しん吉はガイド役に徹し、あさ吉の味を引き出しまくり。英語落語の持ちネタは 6 本で、毎年増えてるそう。
 そのあさ吉の英語落語「The Zoo」(「動物園」)は、桂枝雀の「White Lion」の簡略版との印象。話が頭に入ってると、簡単な英語で構成されてると笑えることを実感。英語化されてて設定はより現代っぽいのに、トラに入る男が Kiroku って云う、そのセンスがあさ吉らしい。トラの檻に案内された Kiroku の「My new office!」がツボ。


 しん吉さんの高座もマニアックなネタ満載でたのしめましたが、この日はあさ吉さんの魅力満載だったのがうれしかったですねぇ。あさ吉さんの勉強会にも行かねば、と思いました。いやぁ~、たのしかったです。
 開演前にあさ吉さんが会場の外でネタ繰りされてたのが印象的でした。

 次回は 6 月 21 日(木)、ゲストは桂阿か枝さんで、三味線さんといっしょに《長唄のススメ》だそうです。くわしくは こちら をどうぞ。
 ちなみに、開演は 19 時半です。

しん吉くん、色々と大変ねぇ。
桂あさ吉@ブログ

|

« 無我 2007 M-ROAD | トップページ | 千朝落語を聴く会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: atto おどろく落語会:

« 無我 2007 M-ROAD | トップページ | 千朝落語を聴く会 »