« ゴールデン落語会 (三日目) | トップページ | アンジェラ・アキ - MY KEYS TOUR 2007 ~サクラ色~ »

文太の会 in 高津の富亭 文太の「贋作あれこれ」

2007/5/6 @高津の富亭

  • 桂 文太 《開口 0 番》
  • 桂 文太 「くっしゃみ講釈」
  • 桂 文太 「口入屋」
  • 笑福亭 瓶太 「田楽喰い」
  • 桂 文太 「桑名船煙管遣取」


 ゴールデン・ウィークの最終日は、とうとう雨。想定の範囲内とは云え、やはり気が重くなりますね。「風がないだけマシや」と、初の高津の富亭へ。ちょっと道に迷いました。
 20 畳くらいの座敷に高座をきっちりしつらえてあります。さすが田辺寄席のスタッフですね。開演後もぼちぼち詰めかけ、最終的には 40 人ちょいって感じでしょうか。ええ感じの入りでした。


 開演 10 分前に、文太の会恒例の開口 0 番。『田辺寄席 in 府立天王寺高校(定時制)』の話題から、今後の出演予定、この日の番組紹介、など。
 いったん下りて二番太鼓。仕切りの隙間から文太の笛を吹く姿が垣間見える。ええ音色。

 文太の 1 席目、まずはお楽しみで「くっしゃみ講釈」。噺家と講釈師で、小拍子と張り扇でたたくリズムが違うと実演。文太のやわらかい語り口で、講釈師・後藤一山に腹を立ててるはずの男もなんやのんびりした雰囲気。じっくりと語る一山に引き込まれて「上手いなぁ。追っかけしょ」。
 2 席目の「口入屋」は、《船場》の由来をマクラに本編へ。場面々々で入れ替わる人物の描写が的確で、とくに丁稚がかわいい。おなじみのドガチャガからドタバタへの展開はあっさり味。

 ゲストの瓶太は高津の富亭初登場。演し物は「田楽喰い」をごく丁寧に。後半のん廻しでは「新幹線今晩突然停電全線動かん運転困難原因判らん」と新ネタ(?)も。

 トリの文太は贋作「桑名船煙管遣取」。江戸の「岸柳島」相当の噺で、江戸の「桑名船」は上方の「兵庫船」相当の噺‥‥チとややこしい。
 乗り合いの船で侍の落とした煙管の雁首をめぐってのやり取りの噺。前半は船モノおなじみの「なんぞ遊びましょか?」となって「謎掛けしましょか?」「兵庫船でやりました」「考えもんは?」「小倉船でやりました」「色問答は?」「矢橋船でやりました」と、かなり落語マニア向けクスグリ。その後の折り込み川柳もたのしい。
 侍が船の縁にたたき付けた煙管から、雁首だけが y = - ax2 + b の放物線を描いて海へ‥‥と云うクスグリには爆笑。理系ゆえ、ただし a > 0 である、と付け加えたくなる。


 ゆったり座って 4 席たっぷり 2 時間あまり、満腹の会でした。文太さんのやわらかい語りで癒された感じです。
 残念だったのが、近くの席の方のヘッドフォン・ステレオのスイッチが勝手に入ってしまってたようで、どっかから音が漏れ聞こえてきて気になったこと。本人は気付かなかったんか、非常に不思議でした。

 帰りには小雨に。すがすがしい‥‥とまではいきませんが、気分ははればれ。ゴールデン・ウィークの良い締めくくりの会になりました。

 次回は 6 月 3 日(日)の予定です。

|

« ゴールデン落語会 (三日目) | トップページ | アンジェラ・アキ - MY KEYS TOUR 2007 ~サクラ色~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文太の会 in 高津の富亭 文太の「贋作あれこれ」:

« ゴールデン落語会 (三日目) | トップページ | アンジェラ・アキ - MY KEYS TOUR 2007 ~サクラ色~ »