« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | 天神寄席 »

染二+ONE

2007/5/24 @天満天神繁昌亭

【Dash The Flag! 天神さんの決闘 ラウンド 1】

  • 林家 染二 「三十石」
  • 桂 文華 「立ち切れ線香」
    ―― 中入り ――
  • 林家 笑丸 「ウクレレ落語」
  • 林家 染二 「らくだ」

※ 第 2 回


 染二さんの月例会。今回は《染二「らくだ」 vs 文華「立ち切れ線香」》と云う趣向。染二さんは「三十石」もネタ出しされてて、長講 3 席のヘヴィな会です。
 1 階席はほぼ満席で、2 階席にもお客さんが。丁度満員と云った感じの入りです。


 ニューヨーク帰りの染二でスタート。旅行の話あれこれから旅ネタの「三十石」へ。やや流れる印象だったが、「御女中」と云う言葉で妄想を爆発させる男が秀逸で、噺の前後をつなぐクスグリも上手い。船頭の歌の、隣の船との掛け合いの直前まで。

 文華の「立ち切れ線香」は初演。ラウンジでのバイト経験をマクラに、昔は線香で時間を計ったことを解説して本編へ。淡々としたなかにそれぞれの人の想いが。文華なりに手も入れられており、こちらは丁稚が噺の前後をつなぐクスグリに。初演ゆえの硬さが目立ったが、それが抜ければかなり良くなりそう。

 中入りを挟んで、何度聴いてもたのしい笑丸のウクレレ。テレビ・ドラマ 『その男、副所長』 の 6/14 の回に出演するとのこと。(ただし、手だけ)

 トリは染二の「らくだ」。これが良い出来で、頼りなさげな紙屑屋が死んだらくだの兄貴分の熊五郎にどやされて町内を奔走。後半、家主が持ってきた酒で紙屑屋が酔っ払い、熊五郎と立場逆転する場面はたっぷりと、描写も細かく。紙屑屋が熊五郎に「剃刀、借りてこい!」と云うところまで。
 長講ながら、全体のメリハリが利いててあっと云う間。


 大ネタ 3 席にウクレレで 2 時間ちょい。とくに染二さんの「らくだ」の充実が印象的でした。文華さんの「立ち切れ」は初演ですから多くを期待するのも酷ですが、それは今後の成長への期待に。

 次回は 6 月 23 日(土)に、雀松さんとの二人会です。

林家染二 オフィシャル・ホームページ

|

« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | 天神寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 染二+ONE:

« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | 天神寄席 »