« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | きふね寄席 »

桂枝三郎の会 老人いこいの寄席

2007/5/12 @ワッハ上方レッスンルーム

  • 桂 枝三郎 《ごあいさつ》
  • 繁昌亭 隼丸 「七度狐」
  • 笑福亭 松五 「天狗さし」
  • 桂 枝三郎 「六文銭」
    ―― 中入り ――
  • 桂 三ノ助 「初恋」 (作:桂三枝)
  • 桂 枝三郎 「稽古屋」


 かなりこぢんまりした印象の『老人いこいの寄席』ですが、畳敷きが 8 畳から 10 畳に増えてました。入りは 20 人ちょい。


 枝三郎の前説のあとに登場したのは、老人大学上方演芸科修了生の繁昌亭隼丸はやまる。命名は桂三枝。
 軽くマクラを振ってからの「七度狐」は、ゆったりとしたテンポで。イントネーションはかなり気になったが、ネタがきっちり入っていたのが救い。水車のサゲまできっちりと。

 つづく松五はあいかわらず余裕がなくて絶句しそうなマクラにドキドキさせられるも、ネタへ入ればきっちり安定感あり。
 ひさしぶりの「天狗さし」は、天狗と間違えて連れてきた坊主に「天狗か? 坊主か?」「みっちり修行をしてきたつもりだったが、自慢の鼻がへし折れた」「自慢の鼻! やっぱり天狗や」と、米朝の型とは異なるサゲ。

 枝三郎の 1 席目はマクラたっぷり。子どもの小咄から、めずらしい「六文銭」。口の達者な息子に父親がまんまと小遣い銭を取られる噺。息子のストーリー・テリングの妙が、だまされると判っててもたのしい。

 中入りを挟んで、三ノ助はハキハキと。プロ野球のマクラから、高校教師が高校球児に恋愛指南を受ける「初恋」。三枝の作で、構成が巧みでサゲも上手い。三ノ助の口演にはもうちょい感情移入がほしいところだが、カラッとした口跡は聴きやすい。

 枝三郎の 2 席目は、「八咫烏」が「七度狐」とネタが付くと云うことで「稽古屋」に変更。前半は「色事根問」がきっちり入り、後半の稽古屋では師匠の所作が雰囲気たっぷり。


 こんなこと云うのは失礼かもしれませんが、枝三郎さんは地味にええ感じです。まったりした枝三郎さんの会ですが、隼丸さんのおかげでさらにのんびり。おかげで 2 時間半近くに。

 次回は 6 月 16 日(土)の予定です。

桂枝三郎の部屋

|

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | きふね寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝三郎の会 老人いこいの寄席:

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | きふね寄席 »