« 生喬まるかじりの会 生喬の上方落語勉強会 | トップページ | ゴールデン落語会 (三日目) »

染丸ワイワイ一座

2007/5/4 @天満天神繁昌亭

【旅の噺 リレー落語 東の旅】

  • 林家 染太 「時うどん」
  • 林家 染丸 《染丸のおもしろ落語講座》
  • 林家 染弥 「東の旅 発端~煮売屋」
  • 笑福亭 仁智 「七度狐」
  • 染丸・仁智 《対談:お伊勢参り道中記》
    ―― 中入り ――
  • 豊来家 玉之助 《太神楽》
  • 林家 花丸 「運つく酒」
  • 林家 染丸 「三十石夢通路」

※ 第 2 回


 染丸さんが 4 月から 6 か月間、毎月テーマを変えて第 1 金曜日に会を開かれてます。第 2 回にあたる今回のテーマは《旅の噺》で、「東の旅」をリレー形式で。
 開場 1 時間前から整理券発行と云う情報をもらったんで、ちょっと早めに行ったつもりだったんですが、それでももう列ばれてる方が多数。えらい人気です。整列は筆頭弟子の染二さんが。
 入りは満員。通路も補助席で埋まるほど。(これはどうかと思いますが)


 開口一番の染太は「時うどん」。うどんを食べる所作が独特で、これが大ウケ。

 「東の旅」の通し上演の前に、染丸がホワイト・ボードを使っての講義。「発端」で出てくるキーワードを中心に、大坂の範囲と旅装束を解説。

 ここから「東の旅」へ。染弥が 13 年ぶりに「発端」から「煮売屋」までをきっちりと。叩きが心地良い。

 つづいてゲストの仁智が「七度狐」。基本ラインはいたってオーソドックスだが、とにかく勢いが半端なくスゴい。清八のツッコミにも仁智らしさ満点で、勢いに拍車を掛ける。観客もグイグイ引き込まれるように笑いの渦が。伊勢音頭を謡う喜六と清八を注意しに行く百姓が「深~い~か~、浅~いか」でサゲ。

 染丸と仁智の対談では、仁智が歩いて伊勢詣りしたときのエピソードを中心に。とにかく笑福亭仁福のヘタレ具合が強調され、さもありなんって感じ。

 中入りを挟んで、ひさしぶりに玉之助の太神楽。演し物は傘、棒、だるま、竿。竿は客席の床から天井の提灯に届くくらいの長さがあり、絶妙のバランス。
 ここに太神楽を入れたのは「軽業」代わりだったのかも。

 「東の旅」に戻り、花丸がめずらしい「運つく酒」を。道中で酒を飲みたくなった喜六と清八が、小売りをしない造り酒屋でなんとか酒を売ってもらおうとする噺。「うんつく」「どんつく」とは阿呆とか馬鹿とか云った意味で、これをめぐって酒屋とひと悶着。
 マクラで「この噺はおもしろいところがない」と云っていたが、なんのなんの、クスグリを盛り込んで最後まで飽きさせず。ただ、サゲがわかりにくいのが残念。

 トリは染丸の「三十石夢通路」。旅の終わりの風流を雰囲気たっぷりに。船頭の歌では袖の花丸もええ声を聴かせる。


 「東の旅」をまとめて観る機会ってのはなかなかないんで、これはなかなかの好企画だったと思います。欲を云えば、染太さんが「発端」、染弥さんが「野辺」から「煮売屋」ってな感じにすれば、会の統一感がより増したかも。
 それにしても、仁智さんの古典もおもしろいですね。とくに勢いとツッコミが特筆モノで、「船弁慶」なんか演ってもらったらスゴいことになるんじゃないでしょうか。要注意ですよ。

 次回は 6 月 1 日(金)の予定、テーマは《人情噺の世界》です。

染丸@web

|

« 生喬まるかじりの会 生喬の上方落語勉強会 | トップページ | ゴールデン落語会 (三日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 染丸ワイワイ一座:

« 生喬まるかじりの会 生喬の上方落語勉強会 | トップページ | ゴールデン落語会 (三日目) »