« 『んなあほな』編集委員の落語会 | トップページ | 生喬まるかじりの会 生喬の上方落語勉強会 »

枝さんの朝から落語会

2007/5/3 @天満天神繁昌亭

  • 桂 三金 「道具屋」
  • 桂 枝三郎 「牛ほめ」
  • 桂 三幸 「四人癖」
  • 桂 枝三郎 「鶴満寺」


 低血圧の私としては繁昌亭朝席の 10 時開演は非常に困難な時間帯なんですが、枝三郎さんに期待して前売り券を購入。気合いの早起きです。
 開場 30 分ほど前に到着しましたが、しばらくするとぼちぼち入場列ができはじめました。ところが、しれ~っと横から割り込むおっさん&おばはんが数名。自分だけ良かったらええんかいな。程度の低さに朝からげんなり。
 入りはザックリ 70 人くらいでしょうか。まずまずでしょう。


 開口一番は三幸‥‥と思ったら、三金。このあと別の仕事に行くと云うことで、出番をチェンジ。いつものマクラからアルバイトの話へと話題をつないで「道具屋」へ。
 甚兵衛宅での仕込みを完全にカットして、荷物を背負って露店を出しに行く場面から。その後はいたってオーソドックスに。仕込みなしでもたのしめるとは、意外な発見。

 枝三郎に挟まれての三幸は、高座番の動作もやや挙動不審気味。急遽、切付紋を用意して。いろいろとマクラをつなぎ、いきなり「四人癖」へ。あかるくさわやかで元気良く、まさに前座向き。

 枝三郎の 1 席目は、たっぷりのマクラから「牛ほめ」をきっちり丁寧に。池田への道中で出会った牛でほめ方を稽古する場面が入るのは初めて。ここでも牛を連れた百姓にきっちり怒られるのもたのしい。
 2 席目は、やや季節は過ぎた「鶴満寺」を。いまでは演り手が 2 人しかいないそう。もうひとりはおそらく桂雀々だが、雀々ほどのエキセントリックさはないものの、寺男の権助の酔態をええ具合に。


 三枝一門の会で古典 4 席は意外でした。それぞれきっちり、これで前売り 1,000 円はお得な会だと思います。枝三郎さん、派手さはありませんが良いですね。

 次回は 5 月 20 日(日)です。

桂枝三郎の部屋

|

« 『んなあほな』編集委員の落語会 | トップページ | 生喬まるかじりの会 生喬の上方落語勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝さんの朝から落語会:

« 『んなあほな』編集委員の落語会 | トップページ | 生喬まるかじりの会 生喬の上方落語勉強会 »