« 桂枝三郎の会 老人いこいの寄席 | トップページ | 繁昌亭昼席 »

きふね寄席

2007/5/12 @貴布禰神社

  • 桂 しん吉 「桃太郎」
  • 林家 染左 「軽業講釈」
  • 笑福亭 三喬 「仏師屋盗人」
    ―― 中入り ――
  • 桂 つく枝 「食通夜」 (作:小佐田定雄)
  • 笑福亭 福笑 「千早振る」

※ 第 29 回


 難波から地下鉄と阪神を乗り継いで尼崎へ。徒歩約 10 分で貴布禰神社に到着。枝三郎さんの会が押したんで、会場に着いたらすでに開場してました。
 どんどんどんどんお客さんが詰めかけ、開演前には座布団席の膝送り、開演後も椅子席の膝送りで、最終的には 160 人(公式発表)の入りに。


 開口一番のしん吉は、幼稚園での落語会のエピソードをマクラに「桃太郎」を。いまどきな雰囲気で、子どもが『NEWS23』を観てたり、父親が母親に「ハッピーターン食べてる場合やないぞ」と意見したり、こまかいクスグリがたのしい。

 つづく染左は、マクラで師弟関係をボヤきつつ「軽業講釈」へ。前半は隣の軽業小屋からの囃子が入ってにぎやか。総髪の解説で脱線したり、ここらは余裕が感じられる。
 後半の軽業小屋での綱渡りでは《淀の川瀬の水車》を初めて観る。あまりのにぎやかさに張り扇を投げつけてキレる講釈師に爆笑。本気印に感服。

 中トリの三喬は、染左の熱演を受けて「そないに力入れて演るほどの芸やないと思うんですけど」。
 得意の泥棒ネタから「仏師屋盗人」を。何度か観てるが、立場逆転の構図に三喬のフラとの相乗効果で、あいかわらずおもろい。ふと我に返って「神社で仏さんの噺して、ええんかいな。‥‥まぁええやろ」ってな自問自答も三喬らしい。

 中入り後、宮司の挨拶を挟み、つく枝の「食通夜」は、通夜の席に駆け付けた男が食べまくるだけの噺。なんでも美味そうに食べ続け、その食べ分けもお見事。何度観ても腹一杯な気分に。

 トリの福笑は、ひさびさに電子音のマクラ。ガス漏れ警報器との格闘は秀逸。
 マクラで盛り上げるだけ盛り上げといて、いきなり「千早振る」へ。歌の意味を訊きにきた男も、それを教えざるを得なくなった男も、どっちも知ったかぶり。訊く方の「ひゃくにんひとくび」「おのこちょう」「きよししょうのげん」もおもろいが、教える方が相手に推測させておもむろに打つ相づちの「せや」の繰り返しも秀逸。浪曲に講釈に浄瑠璃に河内音頭と、福笑の持ちネタ満載。落語マニア向けのクスグリには爆笑。
 前回よりも整理され、安定した感じ。サゲ付近にもう少し意外性がほしい気もするが、贅沢?


 最初から最後まで、それぞれに違う味があって、かなり充実の番組でした。これで 1,500 円はお得でしょう。みな大満足で家路につけたと思います。

きふね寄席

|

« 桂枝三郎の会 老人いこいの寄席 | トップページ | 繁昌亭昼席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きふね寄席:

« 桂枝三郎の会 老人いこいの寄席 | トップページ | 繁昌亭昼席 »