« 枝さんの朝から落語会 | トップページ | 染丸ワイワイ一座 »

生喬まるかじりの会 生喬の上方落語勉強会

2007/5/3 @ワッハ上方レッスンルーム

  • 笑福亭 生喬 《ごあいさつ》
  • 旭堂 南青 『太閤記』より「木村の麻風呂敷」
  • 桂 九雀 「軒付け」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 生喬 「らくだ」
  • 生喬・九雀・南青 《座談会:みんなでちょいしゃべり》


 南森町から難波へ移動し、CoCo 壱番屋で腹ごしらえ。時間調整にジュンク堂をぶらついてから会場へ。最初は悪いかなと思ってた入りも、開演の頃には 70 人ほどとええ感じに。


 生喬のごあいさつ&番組紹介につづいて、南青の「木村の麻風呂敷」。病床の母親を助けるために強盗を試みる木村又蔵と加藤清正との出会いを描いた一節。あいかわらずの口跡の良さで、要所にクスグリを配する工夫もなかなか。落語ファン向けの小ネタも。

 ひさしぶりに観る九雀は、マクラで落語マニアに苦言を呈しつつ、素人落語家の功罪へと話をつないで「軒付け」へ。独特の軽妙さでテンポ良く。

 中入りを挟んで、生喬は長講「らくだ」。渡来した当時のラクダに対するイメージを簡単に紹介して本編へ。
 とにかくヤタケタの熊五郎が恐さが尋常でない。紙屑屋がちょっとでもぐずると激高。ところが後半、酒が入ると紙屑屋に気圧される場面も。ここで立場が逆転するでなく、ふたりでいっしょに酔っ払ってるって感じ。これくらいが自然かも。火葬場へ行くサゲまで。

 最後に出演の 3 人でちょいしゃべり。それぞれの師匠についてなど。桂枝雀の話の最中には、手伝いに来ていた桂こごろうも袖から乱入。


 とにかく生喬さんの熊五郎はえらい勢いで恐かったです。
 対談では、九雀さんによる枝雀さんのエピソードがかなりおもしろかったです。米朝&枝雀にはさまれたお弟子さんたちは大変だったようです。

 次回はちょっと先の 10 月 14 日(日)の予定です。

|

« 枝さんの朝から落語会 | トップページ | 染丸ワイワイ一座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生喬まるかじりの会 生喬の上方落語勉強会:

« 枝さんの朝から落語会 | トップページ | 染丸ワイワイ一座 »