« きふね寄席 | トップページ | 国境なき芸能団、ドミニカ道中 »

繁昌亭昼席

2007/5/13 @天満天神繁昌亭

  • 桂 吉坊 「つる」
  • 桂 壱之輔 「ぜんざい公社」
  • 桂 文昇 「桃太郎」
  • 桂 春雨 「稽古屋」
  • いわみ せいじ 《漫画》
  • 桂 梅團治 「禁酒関所」
    ―― 中入り ――
  • 桂 米輔 「兵庫船」
  • 桂 文也 「宿替え」
  • 桂 米八 《曲独楽》
  • 桂 春之輔 「親子茶屋」


 落語ビギナーのガイド役として繁昌亭昼席へ。開場 1 時間以上前に到着すると、すでに「当日券はこれより補助席」の案内に。繁昌亭カードのポイントで予約してたんで無問題でしたが。大入り満員。


 吉坊の「つる」は、散髪屋での噂話はカットして、すぐさまつるの因縁に。仕込んでバラすシンプルな構成。「つるぅーーーーーーーーー」で笑わないのは、客が硬いのか、それともおもしろさを理解できないのか。

 壱之輔の「ぜんざい公社」は、こちらもコンパクトに。ほど良い具合にいまどきのアレンジが施されてて好感。

 文昇は「桃太郎」を丁寧に。憎たらしい息子に、首を絞める仕草で「永久に眠らしてしまいそうになるやないか」はツボなクスグリだったが、昼席ではどうか。

 虚弱体質の春雨は妻の三味線で「稽古屋」。前半の「色事根問」の部分は端折り、後半の稽古屋の場面をたっぷりと。

 ひさしぶりのいわみせいじ。即興漫画はたのしいおどろき。

 中トリの梅團治はマクラをいろいろ振ってから「禁酒関所」へ。貫禄十分だった番役の侍が、水カステーラでグダグダに。落差がすさまじい。

 中入りを挟んで、米輔は「兵庫船」をハメモノ入りで立体的に。時間の都合で前半の謎掛けまで。

 初めて観る文也の「宿替え」は、なんとなく軽妙でたのしい雰囲気。

 米八は毎度おなじみの曲独楽。独楽を掌で受ける際に流血するも、最後まで。

 毛氈が敷かれてトリの春之輔。自虐的マクラから「親子茶屋」へ。初めて「死ぬなら今」以外のネタ!
 「男の道楽、三ダラ煩悩」の導入部からきっちり春團治の型。そこに春之輔のゆるぅ~いフラが加わって、道楽にハマり込んでる感が増幅。


 全体的にまったりとした雰囲気の番組でした。お客さんが硬かったのか、趣味に合わなかったのか、笑いはやや少なめ。番組は悪くなかったと思います。ただ、ちょっと自虐的なマクラが多くて、そこらは気になりましたが。
 個人的には、この日の秀逸は中トリの梅團治さん。かなりおもしろかったです。
 終演後にビギナーのみなさんにヒアリングしたところ、なかなかたのしめたご様子。ただ、前半は早口に感じられたとか。私は噺を知ってるんで気になりませんでしたが、初心者への配慮を考えると、短時間でのネタ構成はかなり難しい課題と云えるでしょう。

天満天神繁昌亭

|

« きふね寄席 | トップページ | 国境なき芸能団、ドミニカ道中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« きふね寄席 | トップページ | 国境なき芸能団、ドミニカ道中 »