« 朝日東西名人会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

熱烈しんおん寄席 桂雀々独演会

2007/5/10 @朝日生命ホール

  • 桂 二乗 「牛ほめ」
  • 桂 あさ吉 「書割盗人」
  • 桂 雀々 「地獄八景亡者戯」
    ―― 中入り ――
  • 桂 雀々 「雨乞い源兵衛」 (作:小佐田定雄)


 前日の猛暑が一転、雨と風で気温低下。肌寒いくらいに。
 前売り完売で補助席も。ってことで、天気は関係なく大入り満員。


 二乗の「牛ほめ」は何度か観てるが、徐々に時間が圧縮され、それでいて走ってる様子もなく、こなれてきてスマートになってる印象。安心して観ていられる。

 あさ吉はいつもどおり飄々とした雰囲気を漂わせ、パキスタン公演の話をマクラに「書割盗人」を。これも何度か観てるが、家財道具を絵に描いてもらおうと云う男のお気楽さがニンに合っててええ具合。「『なんじゃこりゃ~!?!?』のつもり」は何度聴いてもおもしろい。サゲは「カギ描いといてもらったら良かった」。

 雀々の 1 席目は長講「地獄八景亡者戯」。長いことをマクラでサラッと伝え、すぐさま本編へ。人呑鬼が出てくるところまでは、御隠居とサバにあたった男とを軽い芯にした構成。奪衣婆のくだりや一芸の趣向はカットし、河豚を食べて死んできた若旦那御一行もあっさりと。もっといじってくるかと期待してたが、スタンダードな流れでシンプルな構成に。
 クスグリは先人のええとこ取りだったが、三途の川の渡し賃のくだりでは《納豆を食べ過ぎて激やせして死んだ男》が登場。鬼の「そんな死に方、ないない」に「あるある!」で爆笑。閻魔大王が横山ノックだったのにはバカ負け。
 「地獄」にしては短めの、約 65 分。(長けりゃええってもんでもないが) 御隠居とサバ男にもうちょっとキャラが付いてきて、ふたりの地獄道中記みたいな構成になれば、雀々ならではの「地獄」になる予感。

 中入りを挟んで、雀々の 2 席目は小佐田定雄・作の「雨乞い源兵衛」。先祖が雨乞いだったためにその役目をムリヤリ押し付けられる源兵衛の受難噺。同じことを 2 度繰り返す、ややパンチの弱い構成の噺だが、雀々落語の田舎者はなんとも云えないおかしさが。


 もっと濃厚な会を想像してたんですけど、前のおふたりもスマートな芸風ですし、雀々さん自身が引くことを意識してるせいもあってか、非常にあっさりした印象の会でした。
 とくに「地獄」はもっと飛び道具を盛り込んでくるかと思ってたんですが、肩すかしを喰らわされたと云うか、拍子抜けと云うか、とにかく意外でした。今年は何度か掛ける予定のようですんで、これからどう膨らんでゆくのか、何年後かにまた観てみたいです。

桂雀々☆落語のひろば!
大阪新音

|

« 朝日東西名人会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱烈しんおん寄席 桂雀々独演会:

« 朝日東西名人会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »