« 田辺寄席 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

花ちゃんの会

2007/6/16 @ワッハ上方レッスンルーム

  • 林家 卯三郎 「つる」
  • 林家 花丸 「蔵丁稚」
  • 笑福亭 由瓶 「はてなの茶碗」
  • 林家 花丸 「いらちの愛宕詣り」


 田辺から難波へ 香川の砧さん と移動。ラーメン定食で腹ごしらえして会場へ。
 この日はほかにも会が多くて入りが心配でしたが、花丸親衛隊か林染会か、開場前からおばちゃんの団体客も入って、ザッと 50 人弱に。それでもちょっと少ないですわな。観る方はこれくらいだと楽ですが。


 開口一番の卯三郎はマクラで映画『しゃべれども しゃべれども』を観に行った話。映画の主演の国分太一と自分自身の生活とのギャップに嫉妬。
 「つる」の方はコンパクトに。最後の「つるーーーーーーー」で困ったあと、半ジレになっての「黙って飛んできたんや!」が新しい。サゲらしい云い方の工夫でもっと印象が良くなりそう。

 花丸の 1 席目は、手違いで三味線さんの手配を忘れていた話から。いろいろ枝葉で笑わせつつ、当日の繁昌亭昼席の楽屋でなんとか手配に至るくだりを。「やっぱり生の出囃子は迫力がありますから」と、労をねぎらう意味で三味線を持ち上げまくり。
 つづけて、ゼンジー・一億と福井へ余興に行った話。「私、一億さんとロマンスが生まれてる場合やございませんから」に爆笑。
 演し物の「蔵丁稚」、丁稚の定吉が旦那にしかられて蔵へ放り込まれるも、芝居の真似事で気を紛らわす。登場人物を評しつつ、「この人はマル」「このおっさんはペケ」と云う定吉がなんともかわいらしい。芝居の真似事が、いつの間にか観てきた舞台のカット・バックと云う感じの演出。芝居のシーンと素の定吉との切り返しが絶妙。
 芝居はたっぷり、定吉もかわいく、本日の秀逸。

 由瓶は曰く付きの「はてなの茶碗」。所々イントネーションが気になるも、ごく丁寧に演っててなかなか。ちょっとクサい気もするが、一生懸命さが伝わってくる高座。

 花丸の 2 席目は、もし三味線さんが見つからなかったら昔取った杵柄で自分で弾こうと、ちょっと練習してみた話から。よくよく考えると、自分の出番のときはどうする?とハタと気付く。さらに師匠の林家染丸からの無茶な要求で困惑した話から、師匠には意外にいらちな面があると云う話へとつないで「いらちの愛宕詣り」へ。
 いらちの男が花丸のニンに合わんようにも思うが、いらちと云うよりおっちょこちょいと云う感じの演出で、クスグリをいろいろ突っ込んで花丸らしい一席に。


 中入りなしの 2 時間弱でしたが、短いながらも充実の会でした。
 とくに花丸さんの「蔵丁稚」が秀逸。定吉の「ペケ!」にはやられました。芝居の場面も意外なほどしっくりきてましたし、「七段目」あたりも観てみたいです。花丸さんの若旦那を想像すると‥‥なんともたのしみ!

|

« 田辺寄席 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花ちゃんの会:

« 田辺寄席 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »