« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | 田辺寄席 »

元祖大阪名物 あほの会

2007/6/15 @天満天神繁昌亭

  • 露の 都 「みやこ噺」
  • 桂 勢朝 「鉄砲勇助」
  • 笑福亭 仁嬌 「夏の医者」
  • 笑福亭 仁福 「恐ろしい妻」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 右喬 「うなぎ屋」
  • 笑福亭 由瓶 「仔猫」
  • 《大喜利》

※ 第 10 回


 ひさしぶりの『あほの会』。入りが徐々に悪くなってましたが、前回は 40 人くらいだったとか。今回は 121 人(公式発表)で、1 階席中央はほぼ埋まり、2 階席にチラホラって感じ。


 開口一番は大阪のおばちゃん代表の都。日常のおもしろ話をいろいろと。

 勢朝はマクラからいつものハイ・テンション。そのままの勢いで「鉄砲勇助」へ。観客の反応が気になったのか、エクスキューズが多くて流れが分断される。

 仁嬌は、定番のヤブ医者のマクラから、めずらしい小咄をいくつか演って「夏の医者」を。のんびりした田舎噺がニンに合った感じ。(が、睡眠不足で途中から‥‥)

 中トリの仁福はマクラで自らの失敗談を披露するも、ウケるのは楽屋のみ。しかも楽屋から客席に聞こえてくるほどの笑い声が。さすがは『あほの会』。
 初めて目にする演題「恐ろしい妻」はどんな噺かと思えば、なんのことはない、「船弁慶」の前半部分。演題のわりには雷のお松が弱いような気もするが、喜六の頼りなさはニンに合ってる。喜六と清八が出掛け、喜六の「焼き豆腐事件」独白のあとにちょっとしたエピソードを付けてサゲに。

 中入りを挟んで、右喬はこれまでのバイト経験の話をマクラに「うなぎ屋」を。右喬にしてはややおさまった印象で、ウナギと格闘する店主はもっと弾けても良いかも。

 トリは由瓶の「仔猫」。所々でイントネーションが気になるも、きっちり丁寧に演ってて好感。最後のおなべの独白は芝居がかった七五調に演るのが正調だろうし、聴いてる方も怖々ながら心地良いんで、セリフの整理が必要だろう。

 最後に大喜利。下手より、司会の勢朝、露の吉次、桂福矢、林家笑丸、仁嬌、仁福。お遊びは、「6 月」をテーマにしりとり風船ゲームと、「山登り」をテーマに数え歌。勢朝が大喜利の司会に不慣れで、やや物足りなさも。


 あいかわらずのグダグダ具合です。まぁそこをたのしむのがこの会なんでしょうし、それを承知で行ってますから、個人的には無問題なんですが。
 仁福さんは「恐ろしい妻」と別演題にしてましたが、桂枝雀さんの CD には同じようなところで「半ばでございます」と切ったのがきっちり「船弁慶」として収録されてます。

 次回は 7 月 15 日(日)です。開演が 17 時(午後 5 時)なんでご注意を。トリは都さんの「子は鎹」です。

|

« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | 田辺寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元祖大阪名物 あほの会:

« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | 田辺寄席 »