« 鈴本余一会 柳家小三治独演会 | トップページ | 桂こごろう+落語展 »

桂こごろう+落語展

2007/6/1 @ギャラリー パライソ

  • 桂 こごろう 「替り目」

※ 4 日目
※ さかいひろこ works プロデュース Vol. 9


 東京から夜行高速バスで帰宅し、風呂に入って出勤。妙にハイなテンションで終日過ごし、心斎橋へ。こごろうさんがギャラリーで 6 日連続 1 席だけの落語会。料金は 500 円とリーズナブル。
 こぢんまりしたギャラリーで、25 人でほぼ満員。予約でほぼ埋まってたようです。観客はマニアとビギナーが半々と云った感じ。女性率が高かったです。


 ウキウキした雰囲気をたたえて登場したこごろう。酒飲みの小咄から「替り目」へ。酔っ払いの亭主にスポットを当て続けた演出で、俥屋とのやり取りをカットし、おでんを買いに行った嫁も帰ってこない。亭主は酔った勢いでわがまま放題だが、細かいところに気が回ってたり、かわいらしいところが垣間見られたり。喜怒哀楽があっちこっちから飛び出してくる感じがたのしい。
 こごろうの「替り目」は初めてだったが、《愛すべき酔っ払い》度が高くて好印象。芯を残した削ぎ落としと、残した芯の膨らませ方が絶妙。こごろうらしいやわらかさが、たのしさをよりいっそう際立たせている。


 たっぷり感のある 1 席でしたが、それでも 40 分ほどだとやや食い足りなさも。たのしい噺を丁寧に演られてたんで、ビギナー向けの入門コースとしては適してたんじゃないかと思います。

さかいひろこ works
ギャラリー パライソ

|

« 鈴本余一会 柳家小三治独演会 | トップページ | 桂こごろう+落語展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂こごろう+落語展:

« 鈴本余一会 柳家小三治独演会 | トップページ | 桂こごろう+落語展 »