« 快楽亭ブラック毒演会 in 大阪 | トップページ | 講談文月毎日亭 »

カシミヤ落語会 笑福亭たまのカシミヤ 100 %

2007/7/7 @カシミヤ

【七夕 Special】

  • 笑福亭 たま 「ドーベルマン刑事」 (作:笑福亭たま)
  • 月亭 遊方 「たとえばこんな誕生日」 (作:月亭遊方)
  • 笑福亭 たま 「延陽伯」
    ―― 中入り ――
  • たま・遊方 《七夕短冊トーク》

※ 第 8 回


 難波から、忘れ物を取りに会社を経由して、中津へ。なか卯で軽く腹ごしらえしてカシミヤへ向かう途中、浴衣姿で走るたまさんに追い抜かれました。そのせいか(?)開場がちょっと遅れてました。
 入りは 40 人くらい。やや減ってる!?!?


 まずはたまが、探りさぐりでいろいろとマクラをつなぐ。つかみきれぬまま「ドーベルマン刑事」へ。ドーベルマンのシナモンを相棒に持つ犬飼警部と新米の田中刑事が麻薬捜査に‥‥って噺。初演時よりもややまとまった印象。あいかわらず翻訳ネタがおもしろい。

 ゲストの遊方は、街で見かけたカップルの話から、イヴェントつながりで誕生日の話へとつないで「たとえばこんな誕生日」へ。誕生日に交通事故に遭った男の噺。何度か観てるが、かなりまとまってきていて、さらにクスグリも追加。ええ感じ。

 ふたたびたまで、ゲストの遊方についておもしろエピソードをあれこれ。何度か聴いたネタながら、何度聴いてもおもろい。
 本題の「延陽伯」は、たまでは初めてかも。やもめが風呂屋へ行ってからは「不動坊」でのクスグリも。風呂から帰って嫁が来るのを待つ間に妄想で大騒ぎしてると「二番煎じ」でおなじみの宗助はんが小言を云いに。
 長い名前で困ることを考え出すと、風呂屋へ行くとき、火事のときに加えて、便所を変わってもらうとき。いろいろ考えてから「‥‥嬶、云うたらええか」。サゲは「酒飲んだら『酔ぉて(依って)件の如し』やな」。

 中入りを挟んでの《七夕短冊トーク》は、観客が短冊に書いた質問にふたりが答えると云うもの。落語の話や私生活の話など、いろいろ。一門による新年会の違いは、なるほどと思わせるカラーがそれぞれに。聞き手のたまが本人から引き出す遊方エピソードがマニアックでなかなか興味深い。


 たっぷり 2 時間オーヴァー。落語もたのしめましたが、普段から仲の良いふたりのトーク・コーナーがたのしかったです。たまさんは「このあと我々は反省会いたします」と云われてましたが、なんのなんの、特別料金 2,000 円の価値ありでした。

らくごの玉手箱
遊方 FOR YOU!
カシミヤ

|

« 快楽亭ブラック毒演会 in 大阪 | トップページ | 講談文月毎日亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシミヤ落語会 笑福亭たまのカシミヤ 100 %:

« 快楽亭ブラック毒演会 in 大阪 | トップページ | 講談文月毎日亭 »