« GUNS N' ROSES - World Tour 2007 | トップページ | 八方繁昌亭 »

GUNS N' ROSES - World Tour 2007

2007/7/18 @日本武道館


 名古屋公演中から足腰に疲れを感じだしたんで、その日はホテル近くの銭湯へ。電器風呂やらどくだみの湯で疲労回復効果をなんとなく感じつつ、広い湯船でリラックス。かなり疲れが取れた気がしました。
 翌日は ぷらっとこだま で名古屋から東京へ逆戻り。新宿のコイン・ロッカーに荷物を放り込み、帰りの夜行高速バスを調査したり。ブラブラしてから松屋で腹ごしらえして日本武道館へ。
 建物がほぼ正八角形ってことで、アリーナの後方ブロックでもかなり近い。これまででいちばんステージに近かったです。

 この日は MUCC のスタートから会場にいましたが、観客のリアクションはなかなか好意的。この日は 30 分ほどで終了。


 19 時過ぎに GUNS N' ROSES のショウがスタート。炎は出るがパイロが使えず少々地味。まぁでも、やや近くで観られるアクセルの勇姿に感動。そして「ブドーーーカーーーン!」と叫ぶアクセルに、テンションの高揚を感じずにはいられない。
 この日のサプライズはショウの終盤、“My michelle”のあとにアクセルの紹介で バブルス が登場し、“Liquor & Whores”を歌ったこと。正直、会場は「こいつ、誰やねん?」的ムードに包まれてましたが、アクセルがたのしそうで。さらにその後の“Used To Love Her”に感動。こちらは会場も盛り上がってました。
 やはり武道館も音響が良く、それだけに曲がこちらへ良く届く。が、ショウの後半から音量が上がりすぎ、割れ気味でグシャグシャに。ほぼ PA 前で聴いてたんでオペレーターにも似たような聞こえ方になってたはずだが、なんでそんなバランスにするのか不思議。大きけりゃ良いってもんでもなかろうに。(価値観の違い?)
 それと、この会場で両サイドのスクリーンはいらんでしょう。契約上、設置が義務付けられてたのかもしれませんが。
 おまけサプライズもあって 2 時間ちょいって感じ。満足度高し!でした。

 清濁併せ呑んだ感じではありましたが、ロックの殿堂とも云える会場で堪能する GUNS N' ROSES、感慨深いものがありました。観客の雰囲気も良かったですし、なんと云ってもアクセル自身がゴキゲンで、観てるこっちもうれしくなってきました。
 旅日程はこれにて終了で、夜行高速バスにて家路に。

 ゲストのバブルスのことを調べてたら、テレビ番組のキャラクターで、これの映画版のサントラに RUSH のゲディとアレックスが絡んでることが発覚。こらまた散財です。


    --- Opening ---
  1. Welcome To The Jungle
  2. It's So Easy
  3. Mr. Brownstone
  4. Live And Let Die
    --- Robin Finck Guitar Solo ---
  5. Sweet Child O' Mine
  6. Better
  7. Knockin' On Heaven's Door
  8. You Could Be Mine
    --- Dizzy Reed Piano Solo ---
  9. The Blues
    --- Richard Fortus Guitar Solo ---
  10. Out Ta Get Me
  11. November Rain
  12. I.R.S.
    --- Bumblefoot Guitar Solo ---
  13. Don't Cry
  14. My Michelle
  15. Liquor & Whores (featuring with Bubbles)
  16. Used To Love Her
  17. Patience
  18. Nightrain

  19. Madagascar
  20. Paradise City

GUNS N' ROSES

|

« GUNS N' ROSES - World Tour 2007 | トップページ | 八方繁昌亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/15822318

この記事へのトラックバック一覧です: GUNS N' ROSES - World Tour 2007:

« GUNS N' ROSES - World Tour 2007 | トップページ | 八方繁昌亭 »