« 染丸ワイワイ一座 | トップページ | カシミヤ落語会 笑福亭たまのカシミヤ 100 % »

快楽亭ブラック毒演会 in 大阪

2007/7/7 @TORII HALL

【開票遅報の巻】

  • 快楽亭 ブラック 「宮戸川」
  • 快楽亭 ブラック 「次の御用日」
    ―― 中入り ――
  • 快楽亭 ブラック 「文違い」
  • 快楽亭 ブラック 「野ざらし」


 ひさびさにブラックさんの会へ。これまでの入りを考慮してか、座席がごく控え目に準備されてました。入りはザッと 40 人くらい。


 まず 1 席目は、某病院を舞台にした某産婦人科医の巨悪をマクラに、始まったのが「宮戸川」。焼き肉屋の息子のハン・シチとパチンコ屋の娘のオウ・ハナの噺になってて、韓国版に。お花半七がオウ・ハナ・ハン・シチになってて、ちょっとしたクスグリが変わってるくらいで、「道具屋・松竹篇」ほどのアレンジがなかったのが残念。

 つづいて、関西圏外人の関西弁についてマクラを振って、上方落語の古典で「次の御用日」を大阪初口演。
 やはり訛りが若干気になるも、後半の御白州の場面は邦画ファンのブラックならではの語り口。「アッ!」は絶叫型で。

 中入りを挟んで、吉原や江戸四宿(新宿、品川、板橋、千住)の解説、遊郭での男女の気持ちをマクラに「文違い」へ。遊女のお杉に二十円の無心をされた半次だが、十円しか用意できず。お杉は別の客、角蔵から十五円を引っ張って‥‥ってな噺。遊女・お杉を中心に、男連中が金を取ったり取られたり。
 本席は古典をきっちりたっぷり。お杉のしたたかさとけなげさをくっりきと。

 最後はタレント議員の話をマクラに「野ざらし」へ。八五郎が骨釣りに出掛けて大暴れする場面では、懐メロしりとり歌合戦に。ここらがブラックの真骨頂で、小林旭の“ダイナマイトが百五十屯”に“七色仮面の歌”に石原裕次郎の“嵐を呼ぶ男”。そっから邦画ネタへ移行し、日活ロマンポルノに思いを馳せてひとりもだえる。


 正統派古典(?)をたっぷり 4 席、なかなかめずらしい番組構成だったと思います。が、これは次回への前振りで。

 次回の 10 月 6 日(土)は大阪での年内最終公演。真打昇進ブラック襲名 15 周年記念として 15 席 3,000 円の会を予定しているとか。これは注目ですよ!

快楽亭ブラックの出直しブログ

|

« 染丸ワイワイ一座 | トップページ | カシミヤ落語会 笑福亭たまのカシミヤ 100 % »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快楽亭ブラック毒演会 in 大阪:

« 染丸ワイワイ一座 | トップページ | カシミヤ落語会 笑福亭たまのカシミヤ 100 % »