« 八方繁昌亭 | トップページ | GUNS N' ROSES - World Tour 2007 »

服部寄席

2007/7/20 @服部幼稚園

  • 桂 しん吉 「時うどん」
  • 笑福亭 生喬 「相撲場風景」
  • 笑福亭 生喬 《舞踊》 「奴さん」
  • 月亭 遊方 「ゴーイング見合いウェイ」
  • 桂 あやめ 「義理ギリコミュニケーション」

※ 第 1 回


 阪急「服部」駅と云うと 越前屋 くらいしか思い付かないんですが、まぁそんなことは関係なく落語会に行くわけです。あやめさんと遊方さんが出て前売り予約で 1,000 円。開演が 19 時半とちょい遅めなんも助かりますね。
 この日はあいにくの雨でしたが、それでも 120 人以上は入ってたんじゃないでしょうか。幼稚園の講堂はええ具合に満員です。
 世話人の方と遊方さんやあやめさんがお知り合いのようで、服部商店街の活性化の一環で地域寄席をスタートさせたそうです。


 開口一番のしん吉のベタな定番マクラでも良く笑う。開演直後からええ雰囲気。昔の時刻の解説から「時うどん」を。2 人ヴァージョンをトントントンとテンポ良く。サラの客が多いようで、うどんを食べる所作でも反応が大きい。

 つづく生喬は刑務所での余興のエピソードから、相撲取りに間違われた話へとマクラをつないで「相撲場風景」へ。がっちり・きっちり・たっぷり。じょんじょろりんも盛大。
 終わってから、空気を戻す意味でか、舞踊「奴さん」を披露。粋な踊りをあいだにはさんで、より寄席らしい雰囲気に。

 遊方は落語マニアに「ベタなネタですみません」と、マクラで母親のお節介の話。共感を得やすいエピソード多数で、マクラから良くウケる。
 ネタの「ゴーイング見合いウェイ」に入ってもそのままの流れでええウケ具合。ムリヤリ見合いをすすめてくる掃除のおばちゃんに辟易するサラリーマン。後半の逆転がたのしい。

 トリのあやめはマクラいろいろ。『徹子の部屋』に出演したときのエピソードが興味深い。阪神・淡路大震災で被災した芸能人として、トーク番組のゲストとして出演してるのに、すべて黒柳徹子主導で進行したそう。
 ネタの「義理ギリコミュニケーション」は、二代にわたる嫁姑戦争の噺。いつの世代でも嫌味を利かせる姑が貫禄十分。こちらも共感を得たか、おおいにウケる。


 前半に古典、後半に新作、生喬さんの踊りもあって、なかなかバラエティーに富んだ番組でした。観客の雰囲気も良く、第 1 回は大成功でしょう。次回以降も定期的に開催されると思います。

|

« 八方繁昌亭 | トップページ | GUNS N' ROSES - World Tour 2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服部寄席:

« 八方繁昌亭 | トップページ | GUNS N' ROSES - World Tour 2007 »