« ★☆北区つかこうへい劇団 『つかこうへい 2 本立』 | トップページ | できちゃったまつり! »

たまクラブ

2007/7/25 @大阪市内某所

  • 笑福亭 生寿 「犬の目」
  • 笑福亭 たま 「蛸芝居」
    ―― 中入り ――
  • 桂 三四郎 「大安売」
  • 笑福亭 たま 「寝床」

※ 第 1 回


 たまさん主催の会員制秘密倶楽部。ネタ下ろしや実験的なネタをかける会にするそうです。某所でおこなわれると云う情報は一部で流れてましたが、審査委員会で「このお客さんならスベッてもまた観にきてくれる」と判断された方にのみ案内が行くと云うことで、ソワソワしてました。
 で、案内通知が発送されたのがどうも GUNS N' ROSES ツアー真っ最中だったようで、マニアな方々から続々と情報が。旅先でヤキモキしましたが、なんとか通知を確認して予約に滑り込めました。
 予約を 25 名ほどで打ち切ったようですが、狭い会場はマニアなお客さんでいっぱいに。会場の一角を毛氈(?)で仕切って下座に。茶臼山舞台が引っ越してきたみたいな雰囲気です。


 開口一番の生寿は「犬の目」を丁寧に。師匠の生喬の型をきっちりと踏襲しているところに好感。

 中入り後の三四郎はマニアの集う会に少々緊張気味。いつものマクラを振れないので、探りさぐりいろいろしゃべる。演し物の「大安売」は演り慣れた感があって安心して聴ける。時間を気にしてか、最後の四股名を変えるくだりになって「どんな名前?」「あとはご想像にお任せします」と終える。

 会主のたまの 1 席目はネタ下ろしの「蛸芝居」。開場を遅らせて直前までハメモノの入れ方なんかを入念に稽古していて、開演前からすでに消耗してたよう。三番叟で使用人を起こすのが旦那ではなく定吉だったり、丁稚が庭へ投げ出した赤ん坊を旦那がキャッチしたり、不自然と思われる場面は積極的に変更。とは云え、全体的には基本ラインをきっちり演ってる印象。後半、蛸と旦那の芝居では過剰なアクションがたまらしい。
 2 席目は繁昌亭の楽屋でのあれこれをマクラに「寝床」を。この日にギャグを思い付いたそうで、クスグリが増えるも、やはりネタ繰りが不十分で流れのスムーズさに欠ける。これは今後の熟成に期待。


 第 1 回の秘密倶楽部は、演者もお客もみなやや硬めな感じだったように思います。ネタ下ろしの「蛸芝居」はまずまずの感触。あえて芝居噺に挑むあたりに挑戦的な姿勢が感じられますね。
 まぁ新しい試みですし、今後この会がどう云う展開を見せるか、ここでの実験が普段の高座に活かされてくるか、長い目で追いかける必要がありそうです。

らくごの玉手箱

|

« ★☆北区つかこうへい劇団 『つかこうへい 2 本立』 | トップページ | できちゃったまつり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまクラブ:

« ★☆北区つかこうへい劇団 『つかこうへい 2 本立』 | トップページ | できちゃったまつり! »