« 納涼お笑い怪談噺 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »

氣樂堂寄席 桂千朝の会

2007/8/11 @氣樂堂

  • 桂 ちょうば 「始末の極意」
  • 桂 千朝 「まんじゅうこわい」
  • 桂 歌之助 「阿弥陀池」
  • 桂 千朝 「植木屋娘」

※ 第 5 回


 ひさびさの氣樂堂。ここは混雑が常ですからちょっと早めに行ったつもりだったんですが、すでに 10 人弱くらいのお客さんが列を作ってました。それでも観やすい席を確保できてひと安心。最終的にはギッシリ満員でした。


 開口一番のちょうば。マクラで本屋の節約術コーナーで立ち読みした内容の紹介から「秘伝書」に移行するも、肝心なところで噛んでしまいグダグダに。
 ボヤきつつ、ケチの小咄を演って「始末の極意」へ。始末の師匠と見習いのキャラがきっちりしていて、ちょうばの良さがしっかり出てて心地良い。時間の都合でなかばまで。

 千朝のあいだの歌之助は、8 月 8 日の琵琶湖の花火大会にて、写メールで格闘。携帯で花火を撮影するのに夢中になって、肝心の花火がほとんど見られなかったとか。
 「阿弥陀池」は基本に忠実にきっちりと、歌之助独特のメリハリで、とにかく陽気に。

 千朝の 1 席目は、仕事でざこばとキャバクラへ行った話から。若い女の子とは話が合わん、ってなところからいろいろつないで「まんじゅうこわい」へ。こわいもんの云い合いには怪談を入れず、狐がこわいと云う話をたっぷりと。日本昔話のような牧歌的な雰囲気がニンに合ってて良い。独特のトーンの「キャーバタバタ、キャーバタバタ!」もたのしい。
 2 席目の「植木屋娘」は故・桂枝雀の印象が強いが、千朝もなかなか。派手さはないが、千朝独特の語り口が植木屋の親父に重なって、子どもっぽいわがままな感じがええ具合におもしろい。古さが逆に新しいギャグも千朝らしいアクセント。サゲは「接ぎ木も根分けもうちの秘伝でおます」。


 落語はいずれも大満足。とくに千朝さんの「植木屋娘」は良いですね。ひょっとすると枝雀さんに付けてもらったのかも。
 恒例の抽選会は、手伝いに来ていた雀五郎さんと佐ん吉さんで。氣樂堂特製の千朝さんの CD が当たりました。ラッキー!

 次回は 10 月 20 日(土)に『桂こごろう落語会』です。

|

« 納涼お笑い怪談噺 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氣樂堂寄席 桂千朝の会:

« 納涼お笑い怪談噺 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »