« 繁昌亭昼席 | トップページ | 劇団☆新感線 2007 年夏休みチャンピオン祭り 『犬顔家の一族の陰謀 ~金田真一耕助之介の事件です。ノート』 »

可朝・福團治 二人会

2007/8/1 @天満天神繁昌亭

  • 桂 三四郎 「大安売」
  • 桂 春菜 「ぜんざい公社」
  • 桂 福車 「無いもん買い」
  • 桂 福團治 「くっしゃみ講釈」
    ―― 中入り ――
  • 月亭 可朝 「市川堤」
  • 月亭 可朝 「嘆きのボイン」
  • 可朝・福團治 《対談》

※ 第 2 回


 出張先から逃走して繁昌亭へ。可朝さんに期待の会の第 2 回。この日も大入り満員です。


 開口一番の三四郎は元気良く、おなじみのマクラからおなじみのネタで「大安売」。演り慣れてるネタだけあって安定感があり、安心して聴いてられる。

 春菜はやや陰な雰囲気。民営化の進む世の中で、ひょっとするとまた国営化に戻るかも、と「ぜんざい公社」。陰な雰囲気が横柄な頃の役所にぴったり。「代書」のクスグリを持ってきたり、「嘆きのボイン」を歌ってみたり、独自のクスグリも散りばめて工夫が見られる。

 福車はシャキシャキと「無いもん買い」。金物屋に古手屋に饅頭屋に味噌屋に魚屋とフルコース。それでもテンポ良くトントンと、心地良さとおもしろさがバランス良く。「硫酸で顔洗ぅて出直してこい? おのれの方こそサリンで行水しとけバーカ!」と云う啖呵がスゴい。

 中トリの福團治はあいかわらず陰な雰囲気。陰気な魚屋の小咄をボソボソ演ってから「くっしゃみ講釈」。こんな引きまくりの「くっしゃみ~」もめずらしい。覗きカラクリの「ホェ~!」が鼻から気の抜けたような声で、陰な雰囲気とのギャップでなんとも云えないおかしみに。後半、後藤一山の講釈はニンに合ってて雰囲気たっぷり。くしゃみも派手に。

 中入りをはさんで、待ってましたの可朝。メガネにチョビ髭はあいかわらずだが、カンカン帽は脱いで、手に持って登場。参議院選挙の話題から、自身が参院選に出馬したときのエピソード、各国首脳の人相分析など、マクラからおもろい。東京の景気は良いが、大阪は景気が悪い。しかし自殺はいかんと、自殺小咄も。
 落語は景気には左右されないが、季節には左右される。二月・八月は入らない。しかし、季節に合った噺はたくさんある。きょうは怪談噺を‥‥と始まったのが「市川堤」。前半は次郎吉とお紺との関係の中心に、やや淡々と、ときにクスグリを入れて丁寧に。
 後半、これまでの悪行を悔いた次郎吉は商売に精を出すようになり、親の次郎兵衛の名を継ぐ。そしてお紺との再会。不義理と行き違いを詫びる次郎兵衛だったが、昔の自分を知るお紺を殺してしまう。ここらの語りっぷりは圧巻。
 雨のなか、宿屋の門口で化けて出たお紺。次郎兵衛は「俺は次郎吉と違う!」と叫びながら、お紺を追い払いつつ立ち上がって袖へ引っ込んだかと思うと、ギターを手にして「俺は月亭可朝や!」。
 いまの時代、幽霊を出すとお客が笑ってしまってシラケるからと、こんなオチにしたそう。このあと、艶笑小咄をいくつか演ってから「嘆きのボイン」の弾き語り。

 「しまいやでぇ~」のあと、可朝が「福さん、出といで」と福團治を呼び出し、床几に腰掛けての対談。内弟子時代の思い出から、月亭可朝襲名にいたる話など。博打の話なんかは可朝ならでは。いろいろとたのしそうに。
 最後に、可朝が太鼓、福團治が当たり鐘を打ってお開きに。なんともええ雰囲気のエンディング。


 いやはや、お見それいたしました。今回は可朝さん、きっちりネタ繰りされてたと思います。前回の「住吉駕籠」では抜けや間違いが散見されましたが、今回はきっちりたっぷりで大満足。とくに後半の盛り上がりは圧巻で、照明効果を入れればもっと怖くなったと思います。ええもん観させてもらいました。

 次回の予定は出てませんが、これは第 3 回以降にも期待したいです。もっともっと可朝さんが観たい!

|

« 繁昌亭昼席 | トップページ | 劇団☆新感線 2007 年夏休みチャンピオン祭り 『犬顔家の一族の陰謀 ~金田真一耕助之介の事件です。ノート』 »

コメント

はよしてやーっ。
行けんかったんで楽しみにしてま。
しかし、市川堤とは……悔しい。

投稿: どーらんのこーすけ | 2007.08.10 00:31

>> どーらんのこーすけ さん
お待たせいたしました。
中入り後の充実感たるや、スゴいもんがありましたよ。

投稿: わさび | 2007.08.10 02:13

早速にありがとうございました。
読ませていただいて、行けなかった無念さが募りました。
数ある繁昌亭二人会の中でも、期待度に内容が伴う番組だと思います。

投稿: どーらんのこーすけ | 2007.08.10 08:04

>> どーらんのこーすけ さん
中入り前もガッチリ落語会でしたが、やはり中入り後ですね。
正直、この会に対しては、気持ちの半分くらいは「可朝さんと云うパンダを見に行く」と云うような感覚だったんですが、昨年の大銀座落語祭、今年の福團治さんとの二人会と、たっぷりの古典落語で米朝一門であることを強烈にアピールしてました。
とくに今回は充実してたと思います。
この勢いで月亭一門会とかに発展してくれればうれしいですね。

投稿: わさび | 2007.08.10 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可朝・福團治 二人会:

« 繁昌亭昼席 | トップページ | 劇団☆新感線 2007 年夏休みチャンピオン祭り 『犬顔家の一族の陰謀 ~金田真一耕助之介の事件です。ノート』 »