« 池田で亥会 | トップページ | 納涼お笑い怪談噺 »

坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』

2007/8/7 @in→dependent theatre 1st

※ Stage 36


 一応毎回予約していくんですが、毎月初日は入りが悪いそうです。少しマシな 20 時半の回も 30 人弱って感じでした。


 この日のメニューは↓こちら。

  • オープニング
  • 『白い眉の人』
  • 客席探訪
  • 『お墓参りは俺がする』
  • シュウイチの輪
  • 『ミッド・ナイト・エクスプレス』 第 18 話 「卒業」
  • エンディング
  • おまけ:シュイチの部屋

土の会セレクション 『白い眉の人』
 運転免許センターの鬼教官・本郷の指導のもと、初めての路上教習へ。
[作・演出:サシマユタカ]

月替わりゲスト作家作品 『お墓参りは俺がする』
 どこかの部屋でピストルを手に対峙する、ふたりの男。一方の男は女を人質に、もう一方は女の解放を求めて。
[作・演出:森澤匡晴(スクエア)]

超短編連続ドラマ 『ミッド・ナイト・エクスプレス』 第 18 話 「卒業」
 卒業式を無事終え、教室でひとりたたずむ田々南徹。(全 50 話)
[作・演出:サシマユタカ]

 ひさびさの土の会セレクション。本郷教官は大きめのサングラスに白手袋で、かなり嫌味な教則本第一主義。生徒の逆襲で挙動不審にあせりまくる様が秀逸。ミニカーを使った状況再現もかわいい。

 『お墓参りは俺がする』の主人公はスナイパーと云う設定だそうだが、どう見ても勘違いしてる三流探偵って感じ。ピストルを手にしゃべりまくりで大暴れ。アッとおどろく‥‥と云うより、呆気にとられるラストがたのしい。

 『ミッド・ナイト・エクスプレス』では、ついに田々南徹が高校を卒業し、第一部・完。憧れの雅恵への含みを持たせ、社会人編の第二部へ。

 終演後、8 月のゲスト作家の森澤匡晴(スクエア)を迎えてのトーク。観客からの演出に対する質問にドギマギする森澤がほほえましい。おまけコーナーなのに、かなり盛り上がる。


 おまけも入れて約 2 時間、あいかわらずのテンションを維持してて、毎回たのしいですね。バランスとしては今回のように 30 分作品 2 本での構成がダレなくて良いように思います。

火曜日のシュウイチ
坂口修一の日記

|

« 池田で亥会 | トップページ | 納涼お笑い怪談噺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/16074288

この記事へのトラックバック一覧です: 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』:

« 池田で亥会 | トップページ | 納涼お笑い怪談噺 »