« 繁昌亭昼席 | トップページ | 柳亭市馬独演会 »

桂三若・雷門獅篭 危険なふたり会

2007/9/16 @天満天神繁昌亭

【落語界のジュリー対決】

  • 笑福亭松五 「天狗さし」
  • 桂三若 「初恋」 (作:桂三枝)
  • 雷門獅篭 「寝床」
    ―― 中入り ――
  • 立川志の吉 「松竹梅」
  • 雷門獅篭 「三枚起請」
  • 桂三若 「七度狐」
  • 《お囃子でジュリー》
  • 《エンディング ~時の過ぎゆくままに~》


 ジュリーこと沢田研二に似ているともっぱらの評判のふたりが“危険なふたり”会。お囃子コーナーもあって、ジュリー好きとしては見逃せないだろうと、たのしみにしてました。
 直前に前売り完売となったようで、上々の入り。


 開口一番の松五は「天狗さし」をきっちり丁寧に。

 三若の 1 席目は“背中まで 45 分”で登場。マクラからトップ・スピードで武者修行のエピソードをいろいろ。さすが毎日しゃべってるだけに、かなり繰られてておもしろい。
 演し物は師匠の桂三枝の作で「初恋」。授業で島崎藤村の「初恋」を教える国語教師が、生徒の助けを借りて英語教師に告白する噺。国語教師と生徒の山田とのやり取りが軽妙。

 獅篭の 1 席目は“酒場で DABADA”で登場し、「ひさしぶりに人が爆笑する声を聞きました」。恒例の似顔絵から、大須演芸場の紹介がもの悲しくもおかしい。
 演し物は三若に付けてもらったと云う「寝床」。ネタ下ろしだったようだが、きっちり入ってる感じ。各々の喜怒哀楽が明確でわかりやすく、しっかりと笑いにつながる。

 中入りをはさんで、ゲストの志の吉は落語立川流の話いろいろから、獅篭を頼って大須演芸場に出演したときの話へ。客席に自分の友人 1 人だけだったこともあったそう。
 演し物はおめでたいところで(?)「松竹梅」。松に竹に梅の 3 人が御祝儀に謡いを演るも、案の定ムチャクチャに。心地良いテンポで。

 獅篭の 2 席目は“勝手にしやがれ”で登場。マクラに、立川談志からの芸人としての教えや破門騒動の顛末をものまねをまじえて。噺に入っても談志風味がチラホラと漂う「三枚起請」。切れ味良くトントンと。

 三若の 2 席目は“ス・ト・リ・ッ・パ・ー”で登場。旅先でのつらかった落語会の話をマクラに、旅ネタの「七度狐」へ。とにかく喜六・清八が賑やかでドタバタ度が高い。大根でサゲ。

 注目の《お囃子でジュリー》は、獅篭の出囃子の「酒場で DABADA」で、森乃石松(司会)、吉崎律子(三味線)、松五(鳴り物)が登場。石松の下ネタにつづいて「勝手にしやがれ」を演奏して終了‥‥って、それだけかい!

 最後にそれっぽい格好に着替えた三若と獅篭がギターの生演奏をバックに“時の過ぎゆくままに”を熱唱。なんとなくグダグダな雰囲気に。


 とにかくお囃子コーナーが消化不良。ここで数曲聴けると思ってたのに、出囃子のぞいたら 1 曲ですよ。この程度ならチラシに載せないでほしかったです。でもまぁ落語の部はかなりたのしめたんで、そっちは良かったです。
 《落語界のジュリー対決》ってことでしたが、パッチリしたタレ目ならたいがいジュリーっぽいのかな、と思います。濃いめの顔ってのも要件に入るかな? なにはともあれ、ジュリーの曲がいろいろかかったのはうれしかったです。

ビビンパの会
桂三若探偵団通信
雷門獅篭公式家頁

|

« 繁昌亭昼席 | トップページ | 柳亭市馬独演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂三若・雷門獅篭 危険なふたり会:

« 繁昌亭昼席 | トップページ | 柳亭市馬独演会 »