« 柳家小三治独演会 | トップページ | 無我ワールド・プロレス大阪大会 M-LIVE »

東西落語名人選

2007/9/22 @神戸文化ホール 中ホール

【昼の部】

  • 三遊亭王楽 「読書の時間」 (作:桂三枝)
  • 笑福亭松喬 「道具屋」
  • 柳家小三治 「青葉の笛」
  • 桂春團治 「いかけ屋」
    ―― 中入り ――
  • 月亭八方 「稽古屋」
  • 桂歌丸 「質屋庫」

【夜の部】

  • 三遊亭王楽 「鼓ヶ滝」
  • 桂歌丸 「尻餅」
  • 月亭八方 「始末の極意」
  • 桂春團治 「お玉牛」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭松喬 「花筏」
  • 柳家小三治 「青葉の笛」

※ 第三十三回


 昨年同様、小三治師匠をお目当てに昼夜通しで。この会はホール主催興行なんで、良い席は劇場がほとんど押さえてます。なもんで、発売日にわざわざ劇場まで買いに行きました。そのおかげで最前列です。

 まずは昼の部。


 トップの王楽は、父・好楽を「兄さんと呼びたかった」から圓楽に入門した‥‥ってな話から、かなり繰られてて淀みない(観客にツッコむところまで計算され尽くした)マクラ。ネタは桂三枝の「読書の時間」をそつなく。

 松喬は、上方落語の起こりから古典芸能と大衆芸能の違い、さらには関西の言葉のいろいろをマクラに、ネタの「道具屋」は笑福亭流の全部入り。安定感抜群。

 お目当ての小三治。歌の話、軽井沢でのリサイタルが台風で中止になった話、そこで歌う予定だった“青葉の笛”の話。1 番を歌い、歌の主題となっている平敦盛の解説。「歌に出てくる一の谷を見に、これから須磨へ行く」と、再度歌っておしまい。ま・く・ら。

 中トリの春團治が「私も歌いたくなりましたが、私は酒飲まんとよぉ歌いません」。親子の小咄から「いかけ屋」へ。「おったん、とらとやな~」がかわいいやら憎たらしいやら。お見事。

 八方は、住むには大阪がええと云う話から、生まれ変われるなら女がええと云う話へとマクラをつないで「稽古屋」へ。習い事を始めるおっちょこちょいが八方のニンにぴったり。下座との打ち合わせが十分でなかったか、稽古屋の場面でハメモノのタイミングがちぐはぐに。

 トリの歌丸は『笑点』がらみの話で観客の興味を引いてから、質屋での体験談をマクラに「質屋庫」を。上方の「質屋蔵」と比べると、基本ラインは同じだが、全体にかなりあっさり味。


 ちょうど 3 時間くらい。2 時間の休憩をはさんで夜の部へ。


 トップの王楽は昼とまったく同じマクラから「鼓ヶ滝」。全体に軽い感じだが、そつなくきっちり。

 歌丸は軽いマクラから「尻餅」へ。餅つきのこまかい描写をきっちりと。熱演で所作が大きくなり、最後に湯飲みを倒してしまうアクシデント。下がるときに舌をペロッと出してご愛敬。

 八方は「女性がええなぁ」ってな話を昼より詳細に話し、自分の母親の節約法から「もったいない」について紹介して「始末の極意」へ。うなぎの匂いを袋に詰めて保存しておくのが八方流。
 始末の名人にその極意を教えてもらう場面では、木にぶら下がった男が指を 1 本ずつ離す描写を省略し、始末の名人の視点で固定。これが想像力をかき立て、なかなかの好演出。

 中トリの春團治は「お玉牛」。牛の尾に見立てた扇子の動きは芸術品の域。お見事。

 松喬は草野球チームの話やゴルフの話から相撲の話へとマクラをつないで「花筏」へ。安定感抜群。

 トリの小三治は、名古屋の独演会でもしゃべってた『天皇の世紀』の話から。今回は開国あたりを詳しく語る。その当時に開港した横浜や神戸が似た雰囲気があって洒落てるって話から、須磨へ行ってきた話へ。
 映画『無法松の一生』の話に入ったところで「きょうは落語はありません」。その映画のなかで歌われた“青葉の笛”の話に。ま・く・ら。


 こちらも 3 時間くらい。

 さすがに好番組でどれも良かったですが、とくに八方さんの「始末の極意」が印象に残りました。ちょっとした工夫が光ってたと思います。
 で、小三治師匠。昼夜ともマクラですよ、ま・く・ら。喜ぶべきか、悲しむべきか。なんとなく「いま、これを話したいんです」って空気が高座にみなぎってて、とくに夜の部は須磨に行ってきた直後で気持ちが入ってたんだと思います。これもまた小三治落語なんじゃないか、とムリヤリ自分を納得させてます。
 緞帳が下りるさなか、小三治師匠の「やっちまったなぁ」って表情がかわいらしくもありました。

神戸文化ホール

|

« 柳家小三治独演会 | トップページ | 無我ワールド・プロレス大阪大会 M-LIVE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東西落語名人選:

« 柳家小三治独演会 | トップページ | 無我ワールド・プロレス大阪大会 M-LIVE »