« THUNDER - The Devil Goes East - Live in Japan 2007 | トップページ | 桂三若・雷門獅篭 危険なふたり会 »

繁昌亭昼席

2007/9/16 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭呂竹 「寄合酒」
  • 笑福亭猿笑 「ラブレター」
  • 桂しん吉 「道具屋」
  • チキチキジョニー 《漫才》
  • 月亭八天 「千早振る」
  • 笑福亭呂鶴 「青菜」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭恭瓶 「転失気」
  • 月亭遊方 「絶叫ドライブ ~彼女を乗せて~」 (作:月亭遊方)
  • 桂春之輔 「まめだ」
  • 笑福亭鶴笑 「パペット落語 侍出世物語」 (作:笑福亭鶴笑)
  • 笑福亭福笑 「延陽伯」

※ 第 51 週


 繁昌亭 1 周年記念興行と云うことで、この週の昼席はなかなかの好番組。とくに 15 日は 1 周年当日で超豪華でしたが、先に THUNDER のチケット取ってしまってたんで断念。鶴笑さんが観たかったんでなんとかこの週は観に行きたかったんですが、最終日のトリが福笑さんと云うことで押さえました。あいかわらずの超満員です。


 開口一番の呂竹は、なぜか鯉の餌の小咄をしてから「寄合酒」へ。金を集めようとするくだりは端折り、すぐさま持ち寄り散財に。時間枠を意識してか、徐々に早送りに。

 猿笑は「痴楽綴方狂室」を紹介し、柳亭痴楽の「恋の山手線」を大阪環状線に変えて猿笑流に。さらに、彼女からもらったラブレターを友人に読ませる噺。これも痴楽の「ラブレター」が元ネタのよう。

 しん吉は「道具屋」をトントンと笑い多し。見るだけの客を符丁で「小便」と云うのは「蛙(買わず)の面に小便」から。さらに「夏の蛤」は「夏の炎天下、蛤は身腐って(見くさって)貝腐らん(買いくさらん)」から。

 チキチキジョニーは初見。女 2 人組。ネタはゆるいが賑やか。

 八天は正調「千早振る」。スタンダードなんを聴くのはひさしぶり。噺の世界の構築にブレがなく、きっちり丁寧でメリハリもあって心地良い。

 中トリの呂鶴は酔っ払いの小咄から、酒つながりで季節ネタの「青菜」。植木屋の勢いがすごく、後半のおさまり具合でギャップが大きく、おかしさ倍増。クスグリもふんだんで笑い多し。貫禄十分。

 中入りをはさんで、恭瓶は「転失気」をきっちり。

 替わって遊方は自作ネタで「絶叫ドライブ ~彼女を乗せて~」。免許取り立てで彼女を乗せてドライブに行く男の噺。妄想か実体験か、かなりハイ・テンション。

 春之輔は独特のフラで、ぶっちゃけトークのマクラは毎回かなりおもしろい。桂米朝とのエピソードから、予定していた噺を米朝に付けてもらった「まめだ」に変更するも、これが荒い。せっかくの良い噺が、あれでは初心者に伝わりきらないのでは?

 待ってました!の鶴笑は、袴姿に頭陀袋を首から提げて登場。さっそく右脚から忍者が登場し、頭陀袋からもいろいろ出てくる。内容的には以前に観た「立体西遊記」とほとんどいっしょだが、とにかくおもしろい!
 客いじりも上手く交え、身体全体を使ったパペット落語は唯一無二のおもしろさ。アクシデントのようできっちり演出として仕込まれてるあたりはさすが。

 トリの福笑はいつものように世情をいろいろ盛り込んだマクラから存分に笑わせる。
 演し物は「延陽伯」。言葉が丁寧過ぎる娘を嫁にもらおうと云う男が、風呂から帰って妄想爆発。大騒ぎして近所の代表・宗助はんに何度も意見されるくだりが福笑の真骨頂。長い名前にビックリし、風呂に行く場合と火事になった場合をシミュレートするところまで。爆笑。


 昼席は通常 10 コマですが、特別興行と云うことでか 11 コマ。たっぷりたっぷりでした。ここまでガッツリ組んでいただくと満腹です。
 お見送りに鶴笑さんが出られてたんで今後の出演予定をお訊きしたんですが、11 月 12 日(月)の週に繁昌亭昼席に出演とのこと。たのしみが増えました。

天満天神繁昌亭

|

« THUNDER - The Devil Goes East - Live in Japan 2007 | トップページ | 桂三若・雷門獅篭 危険なふたり会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« THUNDER - The Devil Goes East - Live in Japan 2007 | トップページ | 桂三若・雷門獅篭 危険なふたり会 »