« 桂三若・雷門獅篭 危険なふたり会 | トップページ | BONNIE PINK Tour 2007 - Thinking Out Loud »

柳亭市馬独演会

2007/9/17 @TORII HALL

  • 柳亭市朗 「狸の鯉」
  • 柳亭市馬 「締め込み」
  • 桂雀松 「口入屋」
    ―― 中入り ――
  • 柳亭市馬 「味噌蔵」


 何度か観るうちにその端正な芸風が気になってきてた市馬さんの、関西初の独演会。かなりたのしみにしてました。そんなお客さんがたくさん集まりまして、会場の TORII HALL はええ感じでいっぱいに。


 開口一番は市馬の弟子の市朗。「狸の鯉」は、助けられた狸が恩返しにいろいろと化ける噺。初の大阪で師匠の前と云うこともあってか、かなりカタく、教えられたとおりそのまま演ってる印象。

 ゲストの雀松は江戸の噺家の会でやや演りづらそう。マクラを振りつつ少しずつ自分の空気に変えて「口入屋」へ。軽妙なテンポでトントントンと。ちょっとした入れ事がたのしさをふくらませる。

 市馬の 1 席目は、丁寧な挨拶から。泥棒の話あれこれから、師匠の柳家小さん宅に泥棒が入ったときのエピソードなど、マクラもたっぷり。「締め込み」は上方の「盗人の仲裁」がさらに続く感じで、仲裁に入った泥棒を亭主が気に入り、酒を振る舞い泊めまでする。ここらのありえない展開がなんとも自然な流れで、ありえそうに見えるところがさすが。
 中入りをはさんでの 2 席目は、ケチの小咄から「味噌蔵」へ。ケチな味噌屋の旦那が留守の間に、番頭を筆頭に散財しようと企む。旦那が嫁をもらうくだりから、旦那のケチっぷりもたっぷり。旦那に内緒の宴会が始まると、磯節に大阪の歌(曲名不明)を自慢の声で聴かせるサービスも。


 市馬さんは長講 2 席、たっぷり堪能させていただきました。独特のやわらかい語り口が心地良いですね。「味噌蔵」は得意の歌入りで、雀松さんの「口入屋」とドガチャガつながりってのも趣向のようで、なんだかたのしかったです。
 本人は謙遜されてましたが、大阪でも十分通用する芸だと思います。年に 1 回でも独演会を大阪で開いていただきたいもんです。

柳亭市馬公式サイト

|

« 桂三若・雷門獅篭 危険なふたり会 | トップページ | BONNIE PINK Tour 2007 - Thinking Out Loud »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳亭市馬独演会:

« 桂三若・雷門獅篭 危険なふたり会 | トップページ | BONNIE PINK Tour 2007 - Thinking Out Loud »