« 上方笑女隊の秋 大當り!菊花ショー | トップページ | 花丸・染雀 二人会 »

桂千朝独演会

2007/9/13 @ワッハホール

  • 桂吉の丞 「時うどん」
  • 桂千朝 「本能寺」
  • 桂歌之助 「うなぎや」
  • 桂千朝 「愛宕山」
    ―― 中入り ――
  • 桂千朝 「馬の田楽」


 出張先から直行。毎年恒例、千朝さんの独演会へ。ザッと 200 人くらいが会場にまんべんなく。


 開口一番の吉の丞は「時うどん」を、ひとりヴァージョン(江戸の型)でテンポ良く。汗をかきかきの熱演で、それをちょっとしたクスグリに使ったり、余裕のある高座。

 千朝の間に歌之助が「うなぎや」。基本に忠実にきっちりとさわやかに。店主の執拗な「どうぞお二階へ」もさわやか。

 千朝の 1 席目は、歌舞伎界と落語界との比較から、《青田》=《タダ観の客》の解説をマクラに、芝居噺の「本能寺」。わかりやすく丁寧で、ハメモノも入って雰囲気たっぷり。
 2 席目は、幇間のサンプルをマクラに「愛宕山」。舞妓さんのビラビラの簪の動きがやや不自然だったが、ちょっと憎たらしい幇間の一八を中心に、人物描写がこまやか。
 中入りをはさんでの 3 席目は「馬の田楽」。小品ながら、いたずら盛りで生意気な子どもらがたのしい。


 千朝落語をたっぷり堪能したんですが、ちょうど 2 時間くらい。もたれない軽さも千朝さんの魅力かもしれませんね。
 前の 2 席はいずれも吉朝さんが得意とされてたネタで、千朝さんからのちょっと早めの三回忌追善の意を込めたネタ選びだったのかなぁ‥‥とか、そんなことも考えてしまいました。

|

« 上方笑女隊の秋 大當り!菊花ショー | トップページ | 花丸・染雀 二人会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂千朝独演会:

« 上方笑女隊の秋 大當り!菊花ショー | トップページ | 花丸・染雀 二人会 »