« 無我ワールド・プロレス大阪大会 M-LIVE | トップページ | 育っちゃったらくご! »

坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』

2007/9/25 @in→dependent theatre 1st

※ Stage 50


 とうとう折り返し地点に到達。記念イヴェントがあるためか、多めの入りで 60 人くらい。
 ステージ中央に迫り出しが新設され、後方にはスクリーンが。開演前や舞台の合間に月替わりゲスト作家からのビデオ・レター上映も。


 この日のメニューは↓こちら。

  • オープニング
  • 『煙突』
  • シュウイチの輪
  • SyuTube
  • 『ミッド・ナイト・エクスプレス』 第 25 話 「バビロンの空中電車」
  • エンディング
  • おまけ:シュイチの部屋

月替わりゲスト作家作品 『煙突』
 一度聞いた台詞は忘れない、代役専門の老俳優。
[作・演出:淵野尚]

超短編連続ドラマ 『ミッド・ナイト・エクスプレス』 第 25 話 「バビロンの空中電車」
 空中につり下げられた列車の中で、田々南徹らは絶体絶命のピンチに。(全 50 話)
[作・演出:サシマユタカ]

 『煙突』は、昭和の薫りと重みを感じさせる、なんとも濃厚で雰囲気のある作品。約 1 時間の作品だが、あっという間にラストまで。迫り出しに飛び出してきて迫力あり。

 『ミッド・ナイト・エクスプレス』はクライマックスに突入。空中につり下げられた列車の外壁が外され、出題されるクイズに間違えると床が傾いてゆく。新入社員教育とのことだが、なんとも理不尽な展開。

 折り返しを記念した終演後のおまけコーナーではサプライズの連続。まずはスタッフが用意した、観客の寄せ書き。(私も書きました) つづいて対談のために登場したサシマユタカの手にバースデー・ケーキが。この日の数日前、9/23 が田々南徹の誕生日という設定で、折り返し記念を兼ねて祝おうと云う趣向。坂口修一は終始キョトーンとした表情。
 対談では、サシマが坂口にダメ出しの連続。坂口はタジタジ。最後に大抽選会もあってお祭りムードで終演。


 なんやかんやあって、2 時間を超える長丁場に。メインの『煙突』も良かったですし、いろいろあって賑やかなステージになりました。後半にも期待です。

火曜日のシュウイチ
坂口修一の日記

|

« 無我ワールド・プロレス大阪大会 M-LIVE | トップページ | 育っちゃったらくご! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/16628432

この記事へのトラックバック一覧です: 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』:

« 無我ワールド・プロレス大阪大会 M-LIVE | トップページ | 育っちゃったらくご! »