« ループ落語会 中野光江プロデュース | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

きふね寄席

2007/10/13 @貴布禰神社

  • 笑福亭三喬 「鳥屋坊主」
  • 笑福亭福笑 「釣道入門」 (作:笑福亭福笑)
  • 桂ざこば 「遊山船」
    ―― 中入り ――
  • 江田政亮(貴布禰神社宮司) 《ごあいさつ》
  • ざこば・福笑・三喬 《座談:文紅を語る》

※ 第 30 回


 前回も大入り満員だったんでちょっと早めに行ったつもりだったんですが、開演 45 分前くらいに到着するもすでに 100 人以上来られてました。開演前に膝送りもあり、最終的な公式発表は 229 人。えらい人出です。
 入場時にパンフレットともに『きふね寄席』の瓦煎餅と千社札をいただきました。こうしたちょっとしたお土産も嬉しいもんですね。


 トップが三喬とは贅沢な会。独演会の宣伝をきっちりしてから、文紅に付けてもらったと云う「鳥屋坊主」を。
 鳥屋の奉公人だった喜六・清八が店を追い出され、流れ着いたのがとある山寺。そこで坊主の六法・八法として勤めることに。住職の留守にトリスキで一杯引っかけ大騒ぎ。そこへ葬式の依頼が‥‥。
 いつもよりちょっと悪めの設定の喜六と清八を、独特の三喬節で好演。終盤のお経の文句がムチャクチャで、それでいてそれっぽいのがまたおかしい。

 福笑は世間にいろいろ物申してから「釣道入門」へ。釣りの名人がビギナーを連れて渓流釣りに出かける噺。名人の「ここは魚影が濃い」にビギナーが「ギョエッ!?!?」。そして名人がまったく釣れずにビギナーは「おっとっとっと、また釣れた」。この繰り返しにクスグリをサンドイッチ。
 名人のキレッぷりが福笑の真骨頂。途中、高座から膝隠しを落としてしまうハプニングもあり、それほどの熱演。いっぱいの客席からうねりのような笑い声。会場に一体感が生まれ、途中から「ギョエッ!」も客席から洩れ出す。わかりやすいサゲも客席から。

 ざこばは文紅、枝雀、吉朝と亡くなった者を思い出す。枝雀の思い出話をマクラに、季節外れを詫びつつ「遊山船」を。これが最初っからえらい勢い。福笑に負けじとの意地がありありと見て取れる。
 川辺へ夕涼みに来た喜六と清八のやり取りもテンション高い。とくに喜六が川に浮かぶ屋形船相手になんじゃかんじゃといっちょかむ様子が、なかばけんか腰。喜六・清八と云うよりも、ざこば・清八。入り込み具合が尋常でなく、おもしろさ倍増。
 喜六が自宅へ帰ってからの女房との船遊びごっこの段取りもけんか腰。おかげでサゲのすっきり感との対比が心地良い。

 中入りをはさんで、江田宮司の挨拶のあと、文紅を語る座談会。三喬の司会で、私服に着替えたざこばと福笑が用意されたビールとおつまみを前に、観客からのアンケートに答える形式で。
 淡々とした芸風が、晩年は飄々とした芸風になっていったそう。大喜利が得意で、「青井竿竹」のペンネームで台本を書いたりもされ、ざこばも福笑もテレビの大喜利番組で世話になったそう。
 ざこばは文紅にかわいがられたそうで、ふたりで《紅丸プロダクション》と称して会社ごっこをして遊んだそう。その名残で、ざこばはその後も「文紅社長」と呼んでたそう。
 もともと《文光》だったのを、自分で《文紅》に変えたそう。「なぜ文紅は文團治を継がなかったのか?」との話題から、ざこばと福笑それぞれの名前に対する考え方の違いが興味深かった。ざこばは「大阪の名前はぜひ誰かが襲名して大阪に残すべき」と考えるが、福笑は「名前は芸によって大きくするもの」とこだわりなし。
 文紅はまったくの下戸で、ある時、イライラした文紅がざこばにバナナを買いに行かせ、暴れ食いをした結果、腸捻転になったそう。


 狭い会場にギッシリの観客で、とにかく爆発的な笑いのエネルギーがスゴい会でした。それを引き出す演者の落語もさすがで、最後にざこばさんが云ってた「ここ(福笑)と落語会やるとな、格闘技みたいになるねん」ってのが云い得て妙。
 私自身は文紅さんの高座を観てませんが、今回の対談でなんとなくその人となりが伝わってきたような気がします。

 終演後にプレゼント抽選があったんですが、なんと 1,000 円分のスルッと関西カードをゲット! 会費が 1,500 円でしたから、実質 500 円となりました。ラッキー!

きふね寄席

|

« ループ落語会 中野光江プロデュース | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

コメント

初めまして、「きふね寄席」世話人のあらきです。
いつもご来場ありがとうございます。

大入りで喜んでおります。
今後とも、よろしくお願いいたします。


投稿: あらき | 2007.10.23 21:46

>> あらき さん
「いつも」と云われると心苦しいです。
私、2 回しか行ってないんで。
でも、あの会はええお客さんが来られてますね。
笑いがひときわ大きかったです。
こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: わさび | 2007.10.24 00:07

世話人のあらきさん、ご苦労様です。来る5月10日(土)のきふね寄席を楽しみにしております。大入り満員が予想されるので、18時開園前の17時頃に行きたいのですが、先着順でしょうか?

投稿: 六甲の住人 | 2008.05.07 09:12

>> 六甲の住人 さん
次回の『きふね寄席』について、こちらで書き込まれてもあらきさんがチェックされるかどうかわかりませんので、下記 URL より直接お問い合わせください。
http://cwaweb.bai.ne.jp/~araki/

投稿: わさび | 2008.05.07 11:38

わさびさん 有り難うございました。 あらきさんにメール出しました。

投稿: 六甲の住人 | 2008.05.07 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きふね寄席:

« ループ落語会 中野光江プロデュース | トップページ | 出没!ラクゴリラ »