« 桂吉朝三回忌追善落語会 | トップページ | 染左開発計画 »

できちゃったらくご!

2007/10/25 @天満天神繁昌亭

  • 《オープニング》
  • 月亭遊方 「迷走配達人」
  • 笑福亭たま (そっくり?)
  • 旭堂南湖 (パンダ)
  • 姉様キングス 《音曲漫才》
  • 笑福亭福笑 「はははぁ家族」
  • 《エンディング》

※ 第 38 回
※ とくに記載のない場合は自作ネタ


 国立文楽劇場を飛び出したのが 21 時 10 分頃。疾風ダッシュ(のつもり)で地下鉄「日本橋」駅へたどり着くも、次の便まで待ち時間が 4 分。堺筋線を北上して「南森町」駅に到着し、こっからもダッシュ(のつもり)で繁昌亭へ。21 時半頃到着すると、ロビーで南湖さんがネタ繰りされてました。
 会場入りすると、遊方さんの高座の途中。この日はゲストで福笑さんがネタ下ろしされると云うこともあってか、1 階席がほぼ埋まり、2 階席にもお客さんが入ってました。レイトショーのマニアックな会でこんだけ入れば御の字でしょう。私は 1 階席後方の補助席スペースで。


 遊方は郵便配達員の噺。前回アナウンスしていたものが形になったよう。「どこまで行くねん!?!?」ってくらいの迷いっぷりがたのしい。最初から観たかった。

 たまは、そっくりだと紹介された男が自分とは似ても似つかないような気色悪い男だったって噺。気色悪い男で出オチの感あり。

 南湖は中国公演の話をマクラに、パンダのうんちく話。『日本書紀』をひもといての渡来物語にダジャレを盛り込み、さらにパンダの生態を解説。

 ここでサプライズ。あやめの出番が姉様キングスに! 数日後に控えたゲイ・イヴェント向けのネタを試運転。
 メニューは都々逸、ストトン節、阿呆陀羅経とベーシックな組み立てながら、レイトショーと云うことで B 面仕様。「せんせんづくし」の阿呆陀羅経がネタ下ろし。かなりキツめのシャレも。

 トリはゲストの福笑。不眠症の男と、スカタンを笑ってごまかす家族の噺。睡眠不足でイライラして喧嘩腰なのに、なぜか気晴らしに動物園へ。アイディアがまだ固まりきってないようで、福笑ならではの爆発力に欠ける。


 最後にできちゃったメンバー勢揃いで抽選会&エンディング。ちょうど 23 時頃に終了。遅れて行ったんで遊方さんの途中からになったのは残念でしたが、姉キンが観られてラッキーでした。
 福笑さんもたまさんも、これからアイディアを煮詰める段階に感じました。とくにたまさんは開演直前に書き上げたそうで、まだまだこれから足したり引いたりの余地ありと云う印象でした。新作ネタ下ろしの会ですから、『育っちゃった』に掛けられるように育つかがたのしみです。

 次回は 12 月 25 日(火)です。クリスマスと云うことで、ちょっとした企画があるかもしれませんよ。サンタさん(サンキンさん?)が登場するかも!?!?
 その前に、11 月 16 日(金)には『育っちゃったらくご!』もあります。

|

« 桂吉朝三回忌追善落語会 | トップページ | 染左開発計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できちゃったらくご!:

« 桂吉朝三回忌追善落語会 | トップページ | 染左開発計画 »