« LOUD PARK 07 in Osaka | トップページ | 桂吉朝三回忌追善落語会 »

骨、寄せます! 桂歌之助独演会

2007/10/24 @天満天神繁昌亭

【歌之助が歌之助になる日】

  • 桂ちょうば 「始末の極意」
  • 桂歌之助 「野崎詣り」
  • 海老一鈴娘 《太神楽》
  • 桂歌之助 「ねずみ」
    ―― 中入り ――
  • 桂歌之助 「善光寺骨寄せ」


 とうとう歌之助さんが先代のお家芸《骨寄せ》を演られると云うことで、これはやっぱり観とかんと!と行って参りました。私自身は《骨寄せ》を観たことないんで、かなりたのしみに。立ち見も出る大入り満員で、やっぱりマニアな方々のお顔があちこちに。 


 開口一番のちょうばは「始末の極意」。以前に観たときと同様、本屋で読んだ節約術の本の話に「秘伝書」のネタを織り交ぜたマクラから本編へ。免許皆伝の始末家と始末家見習いとの対比クッキリ。短縮ヴァージョンながら、今回は無事に極意を伝授してもらう。

 歌之助の 1 席目は、今回のテーマ《骨寄せ》について軽く触れてから、亀田ファミリーの話題から自分自身を振り返ったり、マクラたっぷり。軽快で笑い多し。
 「野崎詣り」は喜六・清八のやり取りがオーヴァー・アクションでおもしろさ倍増。川辺を歩く人と喧嘩してる途中で稽古屋連中を乗せた屋形船が登場して華やかに。

 久しぶりの鈴娘の太神楽は、何度観てもやっぱり包丁皿回しがスゴい。

 歌之助の 2 席目は、旅館にまつわるごく軽いマクラからすぐさま「ねずみ」へ。元気な卯之吉の様子が、のちに聞かされる哀れな境遇がよりシリアスに。またそれがあったればこそ、左甚五郎が彫った動くねずみを見た百姓のやりとりが爆笑を誘う。正直者が報われる噺を心地良く。

 中入りをはさんで、いよいよ「善光寺骨寄せ」。客席の照明が少し落とされ、雰囲気もそれらしく。
 仏教の起こりから日本への伝来を経て、善光寺の由来から血脈けちみゃくの印が登場。この印を額にもらうと極楽往生できるため、地獄が困る。そこで閻魔大王が石川五右衛門を呼び出し、血脈の印を盗ませようと画策する。‥‥と、ここまでダジャレ・クスグリがてんこ盛り。
 賽の河原に散らばった五右衛門の骨が呼び寄せられる‥‥と、天井からしゃれこうべがストーンと。この頭だけ先代の作を借り、首から下は自作したそう。骨にまつわるあれこれをはさみ、会場の照明が完全に落とされると、地面に散らばった五右衛門の骨がふわふわと人の形に浮かび上がる。蓄光塗料が塗られた骸骨が暗闇にぼんやり光って妖しい。
 趣向が終われば骨はさっさと舞台袖へ引っ込めて、復活した五右衛門が見事に血脈の印を盗み出すラストまでをコミカルに。


 《骨寄せ》は初演と云うことでぎこちなさもありましたが、そこはしゃべりでしっかりフォロー。先代譲りの趣向をたのしませていただきました。独演会としての構成も良かったと思います。
 で、この「善光寺骨寄せ」、なんか知ってるなぁと思ったら、趣向なしで「お血脈」と云う演題で掛けられるんですね。誰かので観たか聴いた記憶があります。

桂歌之助ファンサイト/歌と舞のゆきち亭

|

« LOUD PARK 07 in Osaka | トップページ | 桂吉朝三回忌追善落語会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 骨、寄せます! 桂歌之助独演会:

« LOUD PARK 07 in Osaka | トップページ | 桂吉朝三回忌追善落語会 »