« 育っちゃったらくご! | トップページ | 染雀珍品堂 »

繁昌亭昼席

2007/11/17 @天満天神繁昌亭

  • 森乃石松 「動物園」
  • 桂楽珍 「老婆の休日」 (作:桂文珍)
  • 林家竹丸 「豊竹屋」
  • 佳恵 《奇術》
  • 笑福亭晃瓶 「始末の極意」
  • 笑福亭鶴瓶 「Always お母ちゃんの笑顔」 (作:笑福亭鶴瓶)
    ―― 中入り ――
  • 林家染弥 「ふぐ鍋」
  • 笑福亭仁嬌 「八五郎坊主」
  • 笑福亭鶴笑 「パペット落語 立体西遊記」 (作:笑福亭鶴笑)
  • 笑福亭鶴志 「寝床」

※ 第 60 週


 鶴笑さんをたのしみに繁昌亭昼席へ。立ち見券も完売の大入りです。


 石松は「動物園」をコンパクトに、独特の味で。

 楽珍は最前列で寝てる客を気にしつつ、おばあちゃんネタの小咄いろいろ。

 竹丸は「笑いは身体に良い」と云う話から、義太夫の笑い方をマクラに「豊竹屋」へ。こちらも時間枠に合わせてコンパクトな印象。

 奇術の佳恵は初めて観たが、ハンカチ(薄い布)を使った手品中心。早替わりもあり。懐かしい感じ。

 晃瓶も初めて。「始末の極意」を丁寧に。安心して聴ける安定感。

 客電が落ちて鶴瓶の登場。紅白歌合戦の司会抜擢に関する裏話をマクラに「Always お母ちゃんの笑顔」を。学と母親とのビックリさせ対戦。何度か観てるが、それでも最後にホロリとさせる、良くできた噺。

 中入りをはさんで、染弥は「ふぐ鍋」をテンポ良く。もうちょい丁寧に演ってほしい場面もあったが、染弥カラーが出てて好印象。

 仁嬌は独特のやわらかい雰囲気で「八五郎坊主」を。サゲは「のりかす」で。

 お待ちかねの鶴笑は、マクラ代わりの紙切りで観客を十分に掴んでから、パペット落語の「立体西遊記」。孫悟空と赤獅子・青獅子の戦いを熱演。何度観てもおもしろい。
 出てきたときの拍手はまばらだったが、終わってみれば拍手喝采。前の席の男性客は笑い過ぎて咳き込みまくり。抜群の観客コントロール。

 十分にあったまったところにトリの鶴志が登場。貫禄十分で見台が小さく見える。「きょうは演りやすい」「これぐらいが丁度良い」でさんざん引っ張ってから「寝床」へ。あの体型でドスの効いた声なのに、すねる旦那がどことなくかわいらしい。ガッチリたっぷり、納得の高座。


 終盤の盛り上がりも良かったですし、テレビの人気者も観られましたから、きょうのお客さんは大満足だったんじゃないでしょうか。
 個人的には、鶴笑さんは期待通りのおもしろさで、鶴志さんのトリも納得。意外と云っては失礼ですが、染弥さんは他のネタも観てみたいと思いました。

天満天神繁昌亭

|

« 育っちゃったらくご! | トップページ | 染雀珍品堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« 育っちゃったらくご! | トップページ | 染雀珍品堂 »