« 桂佐ん吉 桂ちょうば 二人会 | トップページ | 通天閣年越しオールナイト落語家ライヴ! »

氣樂堂寄席 桂千朝の会

2007/12/30 @氣樂堂

  • 桂佐ん吉 「いらち俥」
  • 桂出丸 「みかん屋」
  • 桂千朝 「仔猫」
    ―― 中入り ――
  • 桂千朝 「けんげしゃ茶屋」

※ 第 6 回


 うどんで軽く腹ごしらえし、京阪で氣樂堂へ移動。ゆったりのんびり行きましたが、時間的余裕があって早々に到着。まだ準備も始まってませんでしたが、ほかに行くとこもなく、開場まで外で待つことに。
 年末と云うこともあってか、この日は 50 人ほどの入りでややゆったりめ。氣樂堂だと、これくらいの方がお客さんは楽ですね。


 まずは佐ん吉。マクラで大地真央主演の舞台に出る話から、交通機関に上手くつないで「いらち俥」へ。前半の走れない俥屋がたのしい。後半の韋駄天は裾の乱れが気になったが、このネタでは致し方なし。演り慣れてて軽快なテンポ。

 つづく出丸はひさびさに見たが、氣樂堂の出番もひさびさの 3 年ぶりだとか。ざこば門下で流行り(?)の「みかん屋」だが、ざこばやさん都のとは細部に違いも。テンポは良いが、口跡がやや平板か。

 先のふたりと比べると、主任の千朝はゆったりとしたテンポ。
 1 席目は、マクラで何年か前の大晦日の夜中に「大巨獣ガッパ」を観てしまった話で千朝ワールドを醸し出してから「仔猫」へ。使用人同士のおなべの噂話からじんわりええ感じ。後半の、おなべと対峙した番頭のビビリ具合と、そのおなべの田舎弁で、怪談調の雰囲気たっぷり。
 中入りをはさんでの 2 席目は、最近の若者言葉についてマクラを振ってから、死語が演題になっている「けんげしゃ茶屋」を。ゲンの悪いことばかり云う旦那が貫禄十分で説得力あり。


 最後に出丸さんをナビゲーターに抽選会。景品は氣樂堂特製 CD が 9 枚でしたが、またまた千朝さんの CD をゲット! ラッキーでした。

 千朝さんはたっぷりの 2 席。堪能いたしました。
 終演後、前回いただいた CD と今回ゲットした CD に千朝さんのサインをいただきました。さらに、用意したミニ色紙にもサインをしてもらいましたが、こちらは噺家のイラスト入りでほのぼのした雰囲気です。

|

« 桂佐ん吉 桂ちょうば 二人会 | トップページ | 通天閣年越しオールナイト落語家ライヴ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氣樂堂寄席 桂千朝の会:

« 桂佐ん吉 桂ちょうば 二人会 | トップページ | 通天閣年越しオールナイト落語家ライヴ! »