« 雷 ON ハート | トップページ | 桂雀太ひとり会 »

月亭会

2007/12/23 @アークホール

  • 月亭八方 《ごあいさつ》
  • 桂雀喜 「子ほめ」
  • 月亭八天 「替り目」
  • 月亭遊方 「虚礼困惑騒動」 (作:月亭遊方)
  • 千樂奈美(舞踊千樂会) 《創作舞踊》
  • ジョニー広瀬 《マジック》
  • 月亭八方 「次の御用日」

※ 第 2 回


 遊方さんによると、第 1 回の打ち上げで第 2 回の年内開催が急遽決まったそうな。八方さん、気合い入ってますねぇ。
 今回は椅子席を増やしてキャパを 80 から 100 にアップ。ほぼ満席です。


 まずは八方がごあいさつ。前日まで声が出にくかったそうだが、当日になってなんとか出るようになったそう。年末に出版される 『八方の楽屋のぞきめがね』 絡みの話を中心に、前説から笑いたっぷり。

 鳴り物で呼ばれていた雀喜が八方のはからいで 1 席。自己紹介でいきなり噛むも、気を取り直して小咄をいくつか演ってから「子ほめ」を、時間枠の都合でやや端折って。丁寧な噺運びに好感。

 八天は酔っ払いの小咄から「替り目」を。亭主にはもうちょっと酔っ払い感がほしいところだが、こちらもいつもながら丁寧。亭主が女房に感謝する様子を見られて照れるところまで。

 遊方は八方目当ての客に最初は演りにくそうだったが、マクラでおもしろエピソードを話し始めればいつもの調子に。ネタは自作の「虚礼困惑騒動」。知り合いから送られてくる豚足饅頭に辟易する噺。あまりの不味さにとうとう電話で断りを入れる場面が秀逸。

 ゲストの千楽奈美(舞踊千楽会)は美空ひばりの“車屋さん”でひと舞。
 サプライズ・ゲストのジョニー広瀬は NGK で慣らしたトークもたのしく、マジックの不思議さもきっちり。

 八方はマクラで、市村正親と篠原涼子の間に子どもができたことについて熱く語る。八方自身が市村正親と年齢が近く、そのことが今年いちばんショックだったそう。
 落語は「次の御用日」のネタ下ろし。ややたどたどしい部分も見受けられたが、登場人物の描写はさすが。とくに丁稚の常吉がかわいい。天王寺屋藤吉の脅しは「あーーーーっ!」と長めで、奉行所での取り調べでは顔を真っ赤にしての熱演。八方独特の語り口が心地良い。


 サービス満点でサプライズもあり盛り沢山。中入りなしで 2 時間半になってしまいました。あまり疲れを感じなかったあたりにこの会の充実度がうかがえます。
 八方さんは声が出にくいのに、よりによって「次の御用日」とは皮肉でしたが、ネタ下ろしとしては及第点を軽くクリアしてましたね。さすがです。

 次回は 2 月中旬の予定です。

|

« 雷 ON ハート | トップページ | 桂雀太ひとり会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月亭会:

« 雷 ON ハート | トップページ | 桂雀太ひとり会 »