« 桂雀太ひとり会 | トップページ | できちゃったらくご! »

姉様キングス クリスマスショー

2007/12/24 @天満天神繁昌亭

  • あやめ・染雀 《ご挨拶》
  • 林家染雀 「宗論」
  • 桂あやめ 「営業一課の高田君」 (作:桂あやめ)
    ―― 中入り ――
  • 姉様キングス 《音曲漫才》
  • おしどり 《音曲漫才》
  • 姉様キングス 《シャンソンショー》
    1. エクスタシーいくよくるよ
    2. 嘆きのボイン
    3. カリンカ
    4. パルナスの歌
    5. Happy Xmas (War Is Over)
    6. いんじゃもん de コマンタレブー


 姉様キングスは何度も観てますが、洋装ヴァージョンでのシャンソンは今回が初めて。この日をどれだけたのしみにしてたことか!
 立ち見も出る大入り満員札止め。クリスマス・イヴに、みなさんどうしたんでしょう? 他人のことは云えませんが。


 まずはあやめと染雀でごあいさつ。染雀が「松づくし」ならぬ「もみづくし」を舞えば、あやめは電飾付きの星のオーナメントに。最初からサービス満点。

 染雀は何事にもある陰陽の解説をマクラに「宗論」。仏教徒の父親とキリスト教徒の息子が対立。特徴的なイントネーションで「○○であります!」を連発する息子が狂気じみていて『天才バカボン』的雰囲気を醸し出す。

 あやめはこれまでのクリスマスの思い出をマクラに、24 歳で結婚すると云う誓いを立てていた自分自身を投影した「営業一課の高田君」。見合いをすることになった OL が、その前に職場で気になる男性にアタックする。所どころに《いま》を散りばめた効果もあり、古くささを感じさせない。サゲもきれいに決まる。

 中入りをはさんで、お待ちかねの姉様キングス。この日はあやめが朱の着物、染雀が緑の着物でクリスマス・カラー。会場には姉キン初体験の観客が多数。姉キン誕生秘話をマクラ代わりに、都々逸、ストトン節、阿呆陀羅経。客層を意識してか、ネタはややマイルド。(あくまで「やや」)

 姉キンのお色直しの間におしどり。いつもと違うテンションのケンに、マコも若干とまどい気味。ケンのパントマイムがいつもより多めにフィーチャーされていて、初めて観るネタも多数。アドリブのおもしろさがふんだんに。

 再登場の姉キンは、金髪カツラに真っ赤なドレスに白のショール。メイクは『妖怪人間ベム』のベラのよう。音曲漫才ではあやめ小路ビッ千代&雀リーヌお染だが、シャンソンではマダム・アヤメビッチ&ミス・ジャクリーヌ。アコーディオン伴奏はマコリーヌことおしどりのマコ。
 基本はあやめがヴォーカルで、染雀はキーボード&コーラス。まずは“エクスタシーいくよくるよ”を朗々と歌い上げ、「実在の団体名とは一切関係ございません」。あやめが入浴中に天から歌が降りてきたと云うだけあって、歌詞がシュール過ぎる。サウンド・バランスはかなり悪いが、単発イヴェントでは致し方なし。
 ここで OBC『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』に生出演。梅田淳と原田年春(OBC)が登場し、ふたりとトーク。
 つづいて月亭可朝の“嘆きのボイン”も、キーが変わるとシャンソンっぽく聞こえるから不思議。
 ロシア民謡“カリンカ”はダジャレ替え歌に。ロシアつながりの“パルナスの歌”ではコーラス隊(桂三金、桂都んぼ、林家市楼、おしどりケン)が登場。つづく“Happy Xmas (War Is Over)”は大阪弁空耳。
 おしどりのミニ・コントの間にふたりはお色直し。あやめが白、染雀が黒のドレスに着替え、最後はオリジナルの“いんじゃもん de コマンタレブー”。おなかいっぱいになって大団円。


 いやはやとにかく大満足です。あやめさんの閃きと発想と企画力はさすがです。アイディアのすべてがおもしろさに昇華してます。
 こんなおもしろい企画は毎年開催していただきたいです。そして次回はシスター・スリーゴールドとのジョイントもお願いします。

|

« 桂雀太ひとり会 | トップページ | できちゃったらくご! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姉様キングス クリスマスショー:

« 桂雀太ひとり会 | トップページ | できちゃったらくご! »