« 新春林家一門顔見世興行 | トップページ | SWA クリエイティブツアー »

初笑い快楽亭ブラック毒演会

2008/1/14 @TORII HALL

  • 快楽亭ブラック 「オナニー指南」 (作:快楽亭ブラック)
  • 快楽亭ブラック 「宿屋の仇討ち」
    ―― 中入り ――
  • 快楽亭ブラック 「紀州飛脚」
  • 快楽亭ブラック 「道具屋・松竹篇」 (作:快楽亭ブラック)


 SWA とのバッティングでちょっと心配した入りも、いつもどおり 40 人くらい。どうやらファン層が完全に違ってたようです。‥‥って、あたりまえ!?!?


 正月 1 発目のブラックは三番叟の格好で登場。浅草の古着屋で見かけて、正月用にと買ってきたそう。浅草の花柳界の話から稽古事の話へとマクラをつないで「オナニー指南」。《女偏に女》と書いて《レスビアン》ではなく《女 2》→《おんなに》→《オんナニぃ》→《オナニー》。もちろん「あくび指南」のパロディーで、バカバカしいおかしさ。

 青春 18 きっぷでの旅行にハマって肩書きを「旅人」とした名刺を作成中と云う話から、2 席目は古典で「宿屋の仇討ち」。江戸っ子 3 人連れのドンチャン騒ぎにハメモノが入らないんで、チとさびしい。ややタイミングの悪い場面があちこちに。

 中入りを挟んでの 3 席目は、マクラで小さん一門の正月の紹介。元日は談志宅から小さん宅へ年始の挨拶。2 日は小さんの誕生日で一門が揃って祝い、その席で前座が裸でホタル踊りをさせられたそう。そっから男のイチモツにまつわる話や小咄をつないで「紀州飛脚」へ。これは大阪時代に覚えたと思うが、やはりイントネーションが気になる。

 4 席目はリクエスト。客席から「名字なき子」との声が上がり、いったん降りて「道具屋・松竹篇」を。道具屋をベースに、前半は皇室ネタ、後半は松竹ネタ。最後に袂から真っ赤なロープを取り出すが、いったん降りたのはこれを仕込むため。


 ブラックさんの古典はなかなか雰囲気があって良いんで、毎回 1 席は演ってほしいところ。とくに「七段目」を観てみたいですが、次回はどうも下ネタ特集みたい。

 今年は大阪で 9 回開催予定だとか。次回は 2 月 11 日(月・祝)です。

快楽亭ブラックの出直しブログ

|

« 新春林家一門顔見世興行 | トップページ | SWA クリエイティブツアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初笑い快楽亭ブラック毒演会:

« 新春林家一門顔見世興行 | トップページ | SWA クリエイティブツアー »