« 氣樂堂寄席 桂千朝の会 | トップページ | 上方落語一心寺亭 »

通天閣年越しオールナイト落語家ライヴ!

2007/12/31~2008/1/1 @通天閣歌謡劇場

    【新世界・天王寺ご当地ネタ特集】
  • 桂あやめ 「串かつワン!」 (作:桂あやめ)
  • 林家市楼 「青空散髪」
  • おしどりマコ 《アコーディオン漫談》
  • 月亭遊方 《ご当地漫談》
  • 桂雀三郎 「神だのみ 青春編」 (作:小佐田定雄)
    ―― 中入り ――
    【亥から子へ、干支ネタ特集】
  • 旭堂南湖 「池田の学会」 (作:旭堂南湖)
  • 林家染雀 「豊竹屋」
  • おしどりケン 《針金パフォーマンス》
  • 桂福矢 「打飼盗人」
  • 笑福亭生喬 「ねずみ」
    ―― 中入り ――
    【2007 笑い納め極め付け落語】
  • 桂三風 「寿限無」
  • 笑福亭たま 《裏みやこ噺》
  • 桂福楽 《ベース漫談》
  • 林家小染 「試し酒」
  • 笑福亭福笑 「無いもん買い」
  • 《108 連発!除夜の鐘小咄》
  • 《カウントダウンで乾杯!》
  • 桂雀三郎 with まんぷくブラザーズ 《ライヴ》
    1. ミュージックコンサートのテーマ
    2. ヨーデル食べ放題
    3. コモエスタひとり鍋
    4. 反逆者の歌
    5. あぁ青春の上方落語
    6. それぞれの味
    7. 微風のラブソング
    8. 忘れん坊のサンタ苦労す
    ―― 中入り ――
    【おめでた演芸タイム】
  • 桂ぽんぽ娘 《メイド漫談》
  • おしどり 《音曲漫才》
  • 姉様キングス 《音曲漫才》
  • 《はなしか人生ゲーム》
    ―― 中入り ――
  • ヒロポンズ・ハイ 《ライヴ》
    1. ようこそ
    2. 上方落語ハッピー・ソング
    3. 雨上がりの夜空に
    4. タイガー&ドラゴン
    5. Johnny B. Good


 できちゃった!メンバーが中心になっての年越し落語会。前回は繁昌亭で開催されましたが、諸般の事情で場所を移すことになったそう。で、今回はディープ大阪の新世界。
 ちょっと早めに行ったつもりだったんですが、コアなお客さんが 10 人ばかり列ばれてました。さすがですね。


 まずはご当地ネタ特集から。あやめの開幕のごあいさつでスタートし、自作の「串かつワン!」。新世界の超有名串かつ店が赤犬の肉を使ってると云う、あくまでもフィクションの噺。全体に整理され、かなりコンパクトに。

 市楼は繁昌亭の出番の掛け持ち&会場 PA 担当で、すでにクタクタ。気を取り直し、直伝の「青空散髪」を。心地良く晴れた天王寺公園が目に浮かぶよう。

 おしどりマコはマコリーヌ・スタイルで登場。フランスを意識した(?)独自の歌ネタ連発で、勝手に先走りつつチラチラと後ろの様子をうかがってる感じ。新世界に住んでるだけに小ネタが秀逸。徐々に下ネタも。歌が上手い!

 ノドがツラそうな遊方は、マクラでよく使ってる天王寺界隈事情。パトカーの「そこの車、停まりなさい! 停まらんと‥‥知らんぞ」は大阪ならではか。車に見台セットを積み込んでいた遊方が職務質問を受けたときの話も、何度も聞いてるがおもしろい。

 雀三郎曰く「私が、ちょっと早い初日の出です」。最初にご当地ネタはないと断って「神だのみ 青春編」を。世界史の試験前に神様があらわれ、暗記を手伝ってくれる噺。歴史に毒づくあたりは、なんだか懐かしい。

 ここから干支ネタ特集。まずは南湖が去り行く亥年にちなんで「池田の猪買い」のパロディーで「池田の学会」。ネタに入る前に「自己紹介を忘れておりました。出て参りましたのは匿名希望でございまして、顔と名前をセットで忘れて帰っていただきたい」。前回の「はてなの原発」につづいてブラックなネタで、内容は‥‥。

 染雀は義太夫の丁寧な解説から「豊竹屋」を。豊竹屋節右衛門の浄瑠璃と花梨胴八の口三味線を演じる染雀自身がたのしそう。終盤にネズミが「チュウ、チュウ」。

 ねずみ男に扮したおしどりケンは妙なテンション。針金で妖怪を次々と作り、最後にミッキーを。

 福矢は「打飼盗人」をきっちり丁寧に。まったく動じない住人にイラッとする泥棒が、独特の口調にぴったり。泥棒がベリバリボリとやるところにチラリとネズミが。

 生喬は「蛸芝居」ならぬ「鼠芝居」を提案するもあやめに却下され、ストレートに「ねずみ」。ただし、時間割りの都合で、あらすじでつなぐダイジェスト版に。

 ここからは極め付け落語コーナー。三風の「寿限無」は寿限無‥‥長助がヤクザの息子。名前の繰り返し場面では早送り芸もフィーチャー。

 たまの《裏みやこ噺》は、上方落語協会事務局長(露の都の旦那)から聞かされるグチを。何度か聴いてるが、それでもかなりおもしろい。途中で都本人が乱入し、たまもタジタジ。

 パジャマ姿で登場した福楽は、入院先の主治医と喧嘩してムリヤリ出てきたそう。やや躁状態で、ベースを弾きつつ入院話や自虐ネタをおもしろおかしく。

 小染は酒飲みの噺を演るため、ここまでまだ 1 滴も飲まずで。十八番の「試し酒」は、奉公人が 1 升の杯を空けるごとに酔いどれるさまが秀逸。

 待ってました!の福笑はすでに酔っぱらってること告白してからスッと「無いもん買い」へ。構成自体はスタンダードながら、福笑ならではの勢いの良さ。
 立って立ってた男が味噌屋へ入って「泣き味噌あるか?」と云うと、店主が丁稚を泣かせて「これが泣き味噌」。叱責された立って立ってた男も泣き、いたたまれなくなった店主も泣き、最後には兄貴分までも泣き出す始末。豪快な泣きっぷりからサゲに。

 ここで恒例の 108 つ小咄。出演者が入れ替わり立ち替わり、手伝いの笑福亭生寿や桂さろめも。片目をつぶった酔いどれモードの桂ざこばも乱入。
 ところが途中で時間切れ。とりあえずカウント・ダウンで乾杯。あらためて最後まで小咄を続けようとするも、ざこばが「こんなもんが、なにがおもろいねん!」と大暴走。なんとか鎮めつつ、最後は福楽が謎掛け連発で 108 つまで完遂。

 108 つ小咄が終わってもざこばはステージから去ろうとせず、そのまま桂雀三郎 with まんぷくブラザーズの面々がセッティングを開始。準備ができたところでざこばはモニターの前に寝転び、仕方なくそのままスタート。“ミュージックコンサートのテーマ”が終わったところで、ざこばはようやく退場。やれやれ。
 マイクが足りなかったり、準備したセッティングと違ってたりだったが、雀三郎らはマイペースに演奏。どれも良くできてて、さすが本職。最後は勝手にアンコールで大晦日のサンタを歌った“忘れん坊のサンタ苦労す”で締め。

 中入りをはさんで演芸コーナー。トップのぽんぽ娘はメイド漫談で直球の下ネタ連発。

 つづくおしどりはいつものネタながら、海老一染之助・染太郎ばりの「おめでとーございますぅー」でハイ・テンションに。なぜかマコが笛を吹いたりも。

 演芸のトリは姉様キングス。時事ネタで 2007 年を笑い飛ばす数え歌と、ひさしぶりのちょんこ節。おにぎやかに。

 『できちゃったまつり!』で盛り上がった《はなしか人生ゲーム》は、小染とあやめの進行で、遊方、三風、生喬、たま、南湖が、賞金 1 千億円(の袋に入った 1 万円分の商品券)を目指す。ところが大型サイコロを忘れてきて、急遽、鉛筆に目を書いて使うことに。地味。
 分岐点で、古典コースを選んだ遊方やタレント・コースに進んだ生喬に「あこがれてんのかいな!」。遊方が弟子をとる(観客を背負う)ことになり、客席から立候補したのが女子大生で「罰ゲームちゃうやん!」。遊方はうれしそうだったが、そのまま腕立て伏せすることに。
 なんとなく前回と同じような展開になり、今回も南湖が人間国宝に。

 セット・チェンジを兼ねた中入りを挟み、大トリのヒロポンズ・ハイが“ようこそ”を演奏しながら登場。彩り鮮やかな着物に袴姿で。この時点で終了予定時刻の 2 時過ぎ。
 ヴォーカルの福笑が登場して“上方落語ハッピー・ソング”をうなるも、福笑のマイク音量が小さい。これは致命的。
 メンバー紹介をはさんで“雨上がりの夜空に”と“タイガー&ドラゴン”で本編終了。福笑の「マナーを忘れんように」に促されて手拍子がつづき、アンコールはこの日の出演者がズラッと勢揃いして“Johnny B. Good”の上方落語ヴァージョンでお開きに。


 終演は 2 時半頃で、トータル 6 時間半。こんだけ詰め込まれてて、ビール付きで前売り 3 千円。サービス満点です。特に今回、前半が落語、後半がライヴ&バラエティーと色分けされてたのが良かったんではないかと思います。
 歌謡劇場の公演が朝からあるため 2 時までの契約で借りられたそうなんですが、いきなり時間超過して、来年からの開催に支障がないか心配です。やはり終演時刻が(一応)決められてると、どうしてもバタバタした印象がありますね。終演時刻をあまり気にしなくても良い会場があれば云うことなしなんですが、次回はどうなりますことやら。

 帰りの新世界はかなり寒かったです。

|

« 氣樂堂寄席 桂千朝の会 | トップページ | 上方落語一心寺亭 »

コメント

やはり、わさびさんも行かれていたんですね(^_^)
本当に楽しそうで、羨ましいです。

来年、というか今年の年末は是非参加したいと思っております。
早めに予約した方が良いんでしょうかね?
(って今から…?)

投稿: おリョウ | 2008.01.13 01:05

>> おリョウ さん
気が早過ぎます。:o)
以前の、限定 50 名くらいの茶臼山舞台とか、会場自体が人気のある繁昌亭だと早めの手配が必要でした、今回の通天閣歌謡劇場は 200 人は入る会場でしたから、予約なしでもいけたと思いますよ。
ただ、予約すると前売り料金になったりするんで、年末になったらチラシのチェックはお忘れなく。
‥‥って、やっぱり気が早過ぎる話ですよ。:o)

投稿: わさび | 2008.01.13 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通天閣年越しオールナイト落語家ライヴ!:

« 氣樂堂寄席 桂千朝の会 | トップページ | 上方落語一心寺亭 »