« 育っちゃったらくご! | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

新進落語家競演会

2008/1/10 @ワッハホール

【第 45 回 なにわ芸術祭新人賞選出】

  • 《オープニング》
  • 桂よね吉 「芝居道楽」
  • 笑福亭瓶生 「牛ほめ」
  • 笑福亭たま 「ドーベルマン刑事」 (作:笑福亭たま)
  • 桂しん吉 「鷺とり」
  • 笑福亭風喬 「千早振る」
    ―― 中入り ――
  • 林家笑丸 「看板の一」
  • 桂三弥 「英才教育」 (作:桂三枝)
  • 笑福亭喬若 「動物園」
  • 《クロージング》

※ 第 13 回


 観覧希望者は応募する必要があったんですが、開演が 18 時と早いんで見送ってました。ところが入場券が回ってきまして、せっかくですから行くことに。
 さすがにタダの会は満員で、後方通路の床几もいっぱいです。

 パンフレットによりますと、「出演者は、上方落語協会から推薦された入門 10 年前後の新進落語家で、月例の『上方落語定席 島之内寄席』に出演した人」です。
 審査員は、金森三夫(産経新聞社文化部)、河内厚郎(演劇評論家・『関西文学』編集長)、林家染丸(上方落語協会副会長)、松澤真木(関西テレビ放送プロデューサー)、の 4 名。(五十音順・敬称略) ただ、染丸さんには審査権はなく、オブザーバーであるとのこと。


 まずは笑福亭仁昇による解説から、出演者全員が登場して出番順決め。ところが喬若のみ入りが遅れていて不在。こんなんでええの?
 すでに環状の出演順が決められており、くじで赤玉を引き当てた者から高座を勤めると云うものだったが、順に引くも全員が白玉。不在の喬若がトップとなったが、2 番手のよね吉からと云うことに。こんなんでええの?

 トップのよね吉はくじ運(?)を嘆きつつ、「七段目」を短くまとめた「芝居道楽」。演り慣れてるネタだけに、芝居の所作もきれいに決まる。
 後半の若旦那と丁稚が七段目の真似をする場面をカットし、芝居に夢中の若旦那に詰め寄られた丁稚が 2 階から転落。親旦那が「『忠臣蔵』の真似して落ちたな? 五段目か? 六段目か?」に、丁稚が「いえ、階段のてっぺんから」でサゲ。

 つづく瓶生はネタを持ち時間の 14 分にまとめたことを訴えてから「牛ほめ」を。全体に余裕がなく、「ここが笑うところ」と云う記号がほとんど欠落した感じ。

 たまは学生時代の地下鉄でのエピソードでしっかり笑わせてから、自作の「ドーベルマン刑事」へ。名犬シナモンを相棒にする名刑事が実は‥‥ってな噺。
 白い粉の入った袋を発見したシナモンが、中身を舐めてジェスチャーで伝える場面。お好み焼きを焼く仕草、たこ焼きを焼く仕草のあと、顔を化粧するような仕草から「七段目」の丁稚が「芝居の真似を止めたらよし~」の所作を「ワワワワン~」と。もちろんきっちりハメモノ入り。さらにそこで「なにしてるんですか?」「芝居噺ができることも観てもらおうと思って」と、たま自身の思いを台詞に。出番順を活かしたギャグは大ウケ。

 しん吉はたまの空気を扇子で追い払ってから「鷺とり」を。鳥の捕り方いろいろは省略し、サギの捕まえ方から入って円頓寺へ。四天王寺の五重塔に掴まった男を見に集まる群衆のにわかも省略。坊主が用意した布団に飛び降りるも、トランポリンのように跳ね上がって、もといたの五重塔のてっぺんに戻って「あぁ助かった」でサゲ。手堅くきっちり。

 風喬の「千早振る」はオーソドックスながら、独自のクスグリが随所に。千早が嫌う相撲取りと上方の噺家は「どっちも協会がゴチャゴチャもめてる」、神代が嫌う相撲取りと亀田親子は「どっちもツッパリ過ぎ」。口跡も良く好印象。

 中入りを挟んで、笑丸はマクラでしっかり笑わせてから「看板の一」。前半の江戸っ子の親父っさんのカッコ良さと、後半のアホのハチャメチャさの対比が秀逸。以前観たときよりも格段に完成度アップし、おもしろさ倍増。

 三弥は「実は私、ガンでございます」と、同情票を集める作戦に。師匠・三枝の作の「英才教育」は、息子に医者になってもらおうとする夫婦の噺。演り慣れてる感じで、とくに妻の様子が良い。サゲの部分で詰まってしまったのが残念。

 トリの喬若は客席に一礼した後、楽屋の方にも一礼。「動物園」は、無職男の仕事への注文は省略し、すぐさま移動動物園へ。全体的にこなれてない感じで、ややメリハリに欠ける印象。園内放送の BGM が“ドナドナ”ってのはおもしろい。

 最後に出演者全員揃って一言コメントと、審査員 4 名の総評も。審査結果は 1/11 付けの産経新聞紙上で。


 個人的には、よね吉、たま、風喬、笑丸、の 4 人が候補に挙がりそうな印象でした。そのなかでも、たまファンであることを抜きにしても、笑いと云う点ではたまさんが頭一つ抜けてたように思います。さて、結果はどうなりますことやら。

 トータル 2 時間 15 分で、これなら 18 時半か 19 時開演で良かったんじゃないかと思います。なんでこんな早くに始めるのか、理解に苦しみます。

上方落語協会
産経新聞社


【結果】

新人賞: 笑福亭喬若
奨励賞: 林家笑丸

(産経新聞 2008/1/11 朝刊より)

 各賞選出に関する記事中の記載は結果のみで、あとは受賞者プロフィールと審査員紹介(氏名・肩書きのみ)だけでした。
 少なくとも、受賞者に対する講評や受賞ポイント、会の総評くらいは載せていただきたかったです。欲を云えば、出演者全員のクロス・レビュー(各出演者に対する各審査員の寸評)もほしいところ。審査員の見識を疑うわけではありませんが、あまりにも情報がなさ過ぎな記事だと思います。

|

« 育っちゃったらくご! | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

コメント

わさびさん、こんばんは。いつも楽しく拝読しております。
たまさんはやっぱり凄いですね~。なんだか怖さすら感じます(笑)

投稿: おリョウ | 2008.01.11 22:42

産経とってないので、今こちらで結果を知りました。
私の予想もわさびさんとほぼ同様、よね吉、たま、笑丸、(心情的に)しん吉
なので、ちょっと意外な結果に驚いています。

それにしても、たまさんの粉ものシリーズ大笑いしました。
芝居の化粧はあの日のアドリブだったのでしょうか?

投稿: まゆ | 2008.01.12 01:24

>> おリョウ さん
たまさんはいろんな意味でかなり気合いが入ってたと思います。

>> まゆ さん
たまさんの持ちネタに「七段目」はなかったと思いますから、シナモンの芝居はアドリブではなく、きっちり仕込んできてたと思いますよ。

投稿: わさび | 2008.01.12 12:56

今回の各賞については、すかたんさんのところに書きました。あほらしくて、もう話す気にもなりません。

>トータル 2 時間 15 分で、これなら 18 時半か 19 時開演で良かったんじゃないかと思います。なんでこんな早くに始めるのか、理解に苦しみます。

ここの部分については、審査時間をふくめ、翌日の朝刊の記事締切時間から逆算した結果だと思います。

投稿: 清風亭蛮徒 | 2008.01.12 22:34

>> 清風亭蛮徒 さん
審査員の方々のスケジュールもあろうかと思いますが、それなら土日の昼にすれば良いと思うんですけどね。
あの程度の新聞記事なら事前準備できるでしょうし。
なにからなにまで《大人の事情》が大きく働いてる感じがします。

投稿: わさび | 2008.01.13 00:27

わさびさんもいらしてたんですね~。
ご挨拶出来ずスミマセン。
私の予想も、たまさん。笑丸さん。よね吉さん。しん吉さん。
あたりであろう。。。でした。
結果にぶったまげました。

投稿: 桃葉 | 2008.01.13 20:37

>> 桃葉 さん
謝られると恐縮ですが、桃葉さんの 1 列後ろの下手側にいました。
中入りの終わり頃に発見したんで、こちらもお声掛けできませんでした。
審査の結果は変わらんでしょうから、そこにいたる過程を知りたいですね。

投稿: わさび | 2008.01.14 01:03

抽選にはずれ、譲ろうかという奇特な方がいらっしゃったのに都合がつかず結局行けなかったので気になっておりました。
わさびさんをはじめ、大方の受け止め方は予想外だったのでしょうね。進行の仕方を含め、しっくりしないことは避けてもらいたいですね。

投稿: 高岳堂 | 2008.01.18 11:14

>> 高岳堂 さん
結果はともかく、そこにいたる審査の基準や過程を示していただきたいです。
審査員のうち 2 人は「インパクトを重視」と云ってただけに、どのようなポイントが評価の対象となったのか、観覧者はもとより、出演された噺家さんならみな知りたいところでしょう。
情報公開があたりまえになってきた世の中で、今回のような密室決議はいかがなものかと思いました。

投稿: わさび | 2008.01.18 13:45

みなさん初めましてです。。私も見に行ってましたが、ほんと意外な結末・・・私もたまさんか笑丸さんと思ってました。喬若さんは・・・???

わさびさんのコメント、案外当たってるかも・・・なんせ、一番喜んでる人、私生活でも。。。
すかたんさんのとこ見て驚いたけど、あの事知ってる人いたんだ!!って思いました。。だって、あの話、私の娘がお世話になってる人のお話。。。
こうやって落語を見に行くきっかけになったのは数年前に、その人のお誘いがあったから。今は、あの一門の会は見に行ってませんけど。。。他の一門を応援してます。またみなさん、落語の事とかいろいろ教えてくださいね。

投稿: ジブリ | 2008.01.18 19:51

>> ジブリ さん
人の口に戸は立てられないですからねぇ。
しかも噺家さんの世界のことですから、なおさらかと。
まぁ場外戦はともかく、選考会自体のモヤモヤは解消してほしいです。

投稿: わさび | 2008.01.18 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新進落語家競演会:

« 育っちゃったらくご! | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »