« DDT - 大阪どうでしょうリターンズ | トップページ | 育っちゃったらくご! »

桂福團治一門会

2008/1/8 @天満天神繁昌亭

  • 桂福丸 「桃太郎」
  • 桂福矢 「牛ほめ」
  • 桂福楽 「代書屋」
    ―― 中入り ――
  • 虹友美 《津軽三味線》
  • 桂福團治 「蜆売り」


 新年最初の繁昌亭は、あきらかにいつもと違った客層。福團治さんのお客さんが結集した感じです。


 あいかわらず福丸ファンも多いようで、トップから声が掛かる。うるう年の話で軽く笑わせてから「桃太郎」を。納まりまくりの安定感抜群で、逆に「このまま小さくまとまってしまうのでは?」といらん心配をしてしまう。

 福矢は福丸の学歴をうらやみつつ、少年期の小遣い稼ぎの苦い思い出を赤裸々に告白してから、小遣い稼ぎの噺で「牛ほめ」。福矢が演ると喜六的男がちょっと生意気な感じで、また違った味わい。

 幇間のように登場した福楽は、かなりハイ・テンション。ドラマ『ちりとてちん』に出演中の桂吉弥に間違えられるとか。入院先でのエピソードで観客を引かせてから、四代目・桂米團治が「代書屋」を作った話なんかを交えて本題へ。
 どうなることかと思ったが、噺に入るとすごい集中力。代書屋と、そこへ履歴書を書いてもらいにきた男との対比・落差が明瞭。最初は冷静に、客の男の馬鹿さ加減を笑っていた代書屋も、徐々にキレてくる。「もうよろしい。適当に書いときます」「ちょっと余ったなぁ。『提灯行列の 3 年後、人を 8 人殺す』」となり、最後は履歴書を破り捨てると云う福楽ヴァージョン。やっぱりヤバい。

 中入りを挟んで、虹友美の津軽三味線。初々しいおしゃべりで THE VENTURES の“Diamond Head”やクラシックの“Csikos Post”(運動会でおなじみの曲)等を。選曲がおもしろい。

 トリの福團治はあいかわらずの自虐節をたっぷりと、物売りの売り声いろいろからえべっさんへとつなぎ、自然な流れで「蜆売り」へ。マクラから噺へのつなぎがシームレス。
 蜆売りの子どもにややムリが見られるも、親方の貫禄と下っ端の軽さで会話を転がし、ほとんど笑いのない人情噺で観客を引き込む技量はさすが。冬の寒さがしみる。


 福團治さんはたっぷりで大満足。ええもん観させてもらいました。福楽さんは浮き沈みがあるんでちょっと心配です。安定飛行を祈ります。
 この日の拾いものは色物で出た虹友美さん。ご本人のキャラクターや選曲でたのしませていただきました。昼席でもいけるんじゃないでしょうか。

|

« DDT - 大阪どうでしょうリターンズ | トップページ | 育っちゃったらくご! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂福團治一門会:

« DDT - 大阪どうでしょうリターンズ | トップページ | 育っちゃったらくご! »