« 上方落語一心寺亭 | トップページ | 文太の会 in 高津の富亭 »

そごう寄席 落語と浪曲

2008/1/5 @そごう劇場

  • 桂佐ん吉 「狸の賽」
  • 林家花丸 「阿弥陀池」
  • 月亭八天 「茶屋迎い」
    ―― 中入り ――
  • 春野恵子 「お夏清十郎」 (曲師:沢村さくら)
  • 笑福亭福笑 「軒付け」

※ 1 日目


 一心寺の会は春團治師匠登場と云えども下町の寄席って風情でしたが、そごう劇場はお上品な雰囲気が漂ってますね。
 空席がチラホラと 9 割入りって感じ。正月から福笑さんは濃い?


 開口一番は佐ん吉の「狸の賽」。演り慣れてるネタだけあって口跡良くトントンと。劇場の広さに合わせてか、アクションも大きめ。きっちり会場をあっためる。

 つづく花丸は、マクラでいろんな場所で会をした話を。郵便局では高座と客席の間に透明パネルがあり、焼き肉屋では名ビラがお品書きの並びに貼られて「上ロース」「塩タン」「ハラミ」「チシャ」「林家花丸」。
 「阿弥陀池」はスタンダードな構成ながら、花丸風味が濃厚。これがまた良くウケる。グイグイ引っ張って、最後の「その殺された竹はなぁ、ウチの嬶の実の弟や」「えぇ~!?!? ‥‥うそピョン」で爆発。

 中トリの八天は男女の道楽の違いをマクラに「茶屋迎い」。お茶屋に居つづけの若旦那を迎えに行く噺。ロボットのような堅さの杢兵衛が隠れキリシタンの子孫で「サタンよ退けー!」「見よ、このロザリオを!」に爆笑。
 下男に変装して若旦那を迎えに行く親旦那の「親不孝者め」の繰り返しでサゲをわかりやすくするも、ややクドい印象。ここらのさじ加減は難しいところ。

 中入りを挟んで、浪曲の春野恵子。「悲しい話ですいません」と謝ってから、好き合っているのに結婚できない男女の悲恋話の「お夏清十郎」。歌の部分は堂々とした唸りっぷりだが、語りの部分のイントネーションにまだ違和感が残る。

 トリの福笑は、時間の都合もあってマクラたっぷり。いつものように世相を斬りまくり。子年から猫の話へ、さらに三味線の話へと話題が転がり、さらには文楽の話も。
 「軒付け」は、流れはオーソドックスだが、とにかく「テーンツテンテーンッ!」が強烈。それに負けじと唸る浄瑠璃がまた凄まじい。おなかいっぱい。


 演者と観客との相性もあると思いますが、福笑さんにはみな圧倒されたよう。この日は花丸さんのウケがいちばんだったように思います。
 個人的には、落語はみな平均を軽く上回る満足度で、念願だったケイコ先生の浪曲も聴けて、なかなかの好番組でした。

そごう劇場

|

« 上方落語一心寺亭 | トップページ | 文太の会 in 高津の富亭 »

コメント

花丸さんは、まくらも面白かったですね。
わさびさんの記事を読んで、思い出して爆笑しちゃいました!
『上方演芸ホール』の「たいこ腹」観ました~。
教えて頂き、ありがとうございました♪
花丸さんの落語って、途中でこちらが思わず「ええーっ!?」と
叫んでしまうドキドキ感があるのが魅力的ですね。
これから要チェックしなくちゃ、です。(^^)

投稿: は~と | 2008.01.21 09:18

>> は~と さん
花丸さんは独特のクスグリがたのしいネタがいろいろあります。
私の中でも要チェックの噺家さんのひとりです。
『上方演芸ホール』のは、収録・放送を意識してか、やや抑え気味でしたね。:o)

投稿: わさび | 2008.01.21 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そごう寄席 落語と浪曲:

» 「そごう寄席」落語と浪曲 [まどろむパイドロス]
私の今年の「初笑い」は、5日の笑福亭福笑師匠ご出演の「 そごう寄席」でした。 会場のそごう劇場は、こじんまりとしているけれど、上質な 造りの劇場。 落語の他コンサートや映画など様々なイベントに対応する劇 場で、幅が広いのが印象的でした。 舞台のめくりの字は繁昌亭と違っていたので、おそらくプロ グラムを担当されている橘右橘さんでしょう。 新春開口一番は、私が勝手に「なごみ王子」と呼んでいる、 桂佐ん吉さん。 お正月らしく羽織で登場。 佐ん吉さんの羽織姿は初めて拝見しましたが、ちょっと貫祿 つい... [続きを読む]

受信: 2008.01.21 09:19

« 上方落語一心寺亭 | トップページ | 文太の会 in 高津の富亭 »