« 初笑い快楽亭ブラック毒演会 | トップページ | 雀のおやどで白鳥さん。 三遊亭白鳥独演会 »

SWA クリエイティブツアー

2008/1/14 @ワッハホール

【明日の朝焼け ~『たかし』 11 歳から退職までの物語~】

  • 《オープニング》
  • 三遊亭白鳥 「恋するヘビ女」
  • 春風亭昇太 「夫婦に乾杯」
  • 林家彦いち 「臼親父」
  • 柳家喬太郎 「明日に架ける橋」
  • 《エンディング》


 SWA の久々の大阪公演。私は初 SWA です。昼夜公演の夜の部に行きましたが、補助席も出る大入り満員。スゴいですね。


 オープニングは 4 人揃って初心者向けメンバー&背番号紹介。トップの白鳥が準備で引っ込むと、他のメンバーが「白鳥はいかにバカか」と云う事例を次々と。準備が整ったところでオープニング映像。
 今回のツアーは、別々に作られた新作の主人公を《たかし》に置き換え、彼の成長を俯瞰する構成。

 白鳥の「恋するヘビ女」は、青森の田舎で暮らす少年時代の《たかし》が《ヘビ女》と呼ぶ叔母に恋愛相談する噺。叔母の恐さに白鳥色濃厚。サゲで落とし切れず、時間を巻き戻して違うサゲに。

 昇太の「夫婦に乾杯」は、サラリーマンになって酒の商品企画部で働く《たかし》が、仲の良い夫婦のあり方に疑問を抱かされる噺。上司の指示でムリヤリ夫婦喧嘩するたかしにバカバカしいおかしさが。

 彦いちの「臼親父」は、リストラ候補になった《たかし》が、なぜか「猿蟹合戦」の世界へ入り込んでしまう噺。登場キャラクターの所作が特異で、とくに栗や臼の表現が特筆もの。蜂を演るときに扇子で針を表現。

 喬太郎の「明日に架ける橋」は、還暦を迎えて定年退職した《たかし》が、家族から年寄り扱いされるのに腹を立てて飲みに行く噺。未練を断ち切るために長年着続けた背広を川へ流そうと、みんなで結んで「親父の白線流し」。スッキリしてからオフィスを模した「会社酒場」へ。これまでのエピソードの小ネタの拾い方がさすが。

 最後に全員揃ってエンディング。近々の来阪公演紹介など。


 トータル・コンセプトで新作をリライトすると云うアイディアは、ネタをいっしょに作っている SWA ならではでしょうね。ただ、今回の趣向の枠に収めるために、各々の爆発力がそがれたようにも感じられました。期待感が膨らみ過ぎてたからかもしれませんが。
 まぁでも、やっぱり SWA は魅力的な団体ですから、また大阪公演をお願いします。こっちのできちゃった!メンバーとのコラボレーションなんかあれば、新作落語シーンもかなりおもしろくなると思うんですけどねぇ。

SWA!すわっ!

|

« 初笑い快楽亭ブラック毒演会 | トップページ | 雀のおやどで白鳥さん。 三遊亭白鳥独演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SWA クリエイティブツアー:

« 初笑い快楽亭ブラック毒演会 | トップページ | 雀のおやどで白鳥さん。 三遊亭白鳥独演会 »