« 桂吉弥の新お仕事です。 in 繁昌亭 | トップページ | 神田愛山自宅講談会 六畳庵 »

IRON MAIDEN - Somwhere Back In Time World Tour 08

2008/2/16 @幕張メッセ


 IRON MAIDEN の 5st アルバム『POWERSLAVE』から 7th アルバム『SEVENTH SON OF A SEVENTH SON』までを中心に、初期の楽曲で構成されたセット・リストでのワールド・ツアー。前々回のツアーでは 1st~4th の曲によるセットでしたが、日本公演はありませんでした。これはもう、期待するしかないですよね。
 で、今回は横浜と幕張のみ。なんでやねん!と思いましたが、今回は Ed Force One と命名されたボーイング 757 をブルース・ディッキンソン〈Vo〉自ら操縦して各国を(文字どおり)飛び回ってるため、機材運搬の都合なんかで会場が選定されたような気がします。

 ぷらっとこだまで東京へのんびり移動し、そこから幕張へ。腹ごなしして会場入りするも、2 重 3 重の関所があってなかなか入れません。その割には荷物チェックとかしないんです。なんで?
 やっと入ってグッズ売り場へ直行するも、ツアー・オリジナルの T シャツは速攻で売り切れ。仕方ないんで騎兵とミイラのを購入。それにしても、ユーロ高とは云え 1 枚 5 千円はキツい!
 荷物をクロークに預けて観戦エリアへ。オール・スタンディングですが、左右に分かれてるだけです。圧力のなさそうな PA 前でスタンバイ。


 まずはオープニング・アクト、スティーヴ・ハリス〈B〉の娘の ローレン・ハリス で幕開け。普通のロックだが、父親のバンドの前座経験が多いだけあって、ステージ・アクションが派手で見応えはあり。特徴のある曲が 2~3 曲できればかなり良くなりそう。約 30 分のステージ。

 約 20 分のセット・チェンジで照明が落とされ、UFO の“Doctor Doctor”が流れ、観客のヴォルテージも上昇。つづいてチャーチルの演説が流れ、そのまま“Aces High”へ。こら、盛り上がらん方がおかしい!
 ブルースは前日の横浜公演の直後と云うこともあってか、高音が出づらいようだったが、それでもあれだけ動きまくってることを考えるとスゴいとしか云いようがない。とくに中域ののびはすばらしい。
 音楽向けホールでないため反響がやや残るものの、サウンド・バランスは良好。とくにメタル系のコンサートではやたらヴォリュームを上げる傾向にあるが、今回は抑えめで音割れも皆無。

 とくに今回の個人的聴きどころは“Powerslave”、“Moonchild”、“The Clairvoyant”の 3 曲。“Rime Of The Ancient Mariner”もだが、今後のツアーではよっぽどのことがない限り演奏されないだろう。とくに“The Clairvoyant”に感動。

 ブルースは“The Trooper”でユニオン・ジャックを振りまくり、“Rime Of The Ancient Mariner”や“Powerslave”ではそれっぽい衣装に着替えるなど、フロントマンとして大活躍。とにかく隙あらば「Scream for me, Tokyo!」を連発して煽りまくり。
 スティーヴもステージを右へ左へサービス満点。デイヴ・マーレイ〈G〉、エイドリアン・スミス〈G〉、ヤニック・ガーズ〈G〉の 3 人はほぼ定位置で。もちろんニコ・マクブレイン〈Ds〉も定位置。
 そして定番曲では観客も大合唱。これは圧巻。

 ステージ・セットは『POWERSLAVE』に合わせたエジプト風に。後方のバック・ドロップはカーテン式になっていて、曲によって 5~6 種類を使い分け。
 本編後半に 6th アルバム『SOMEWHERE IN TIME』風のバック・ドロップに替わり、本編最後の“Iron Maiden”では 6th アルバムのサイボーグ・エディが登場。

 アンコールの『SEVENTH ~』からの 2 曲につづく“Hallowed Be Thy Name”もまた格別。もう大団円としか云いようのないエンディングに。


 いやはや、とにかくすばらしかったです。まさに名曲の波状攻撃。演奏も安定感抜群でしたが、とくにブルースはパフォーマーとして最高レヴェルの仕事をこなしていました。
 幕張まで行った甲斐はありました。でも、大阪だったらもっと盛り上がったのかなぁとか思ったり。次回はぜひ大阪でお願いします。


    --- Opening: Churchill's Speech ---
  1. Aces High
  2. 2 Minutes To Midnight
  3. Revelations
  4. The Trooper
  5. Wasted Years
  6. The Number Of The Beast
  7. Can I Play With Madness?
  8. Rime Of The Ancient Mariner
  9. Powerslave
  10. Heaven Can Wait
  11. Run To The Hills
  12. Fear Of The Dark
  13. Iron Maiden

    --- Encore: Dickinson's Speech ---
  14. Moonchild
  15. The Clairvoyant
  16. Hallowed Be Thy Name

IRON MAIDEN Official Website

|

« 桂吉弥の新お仕事です。 in 繁昌亭 | トップページ | 神田愛山自宅講談会 六畳庵 »

コメント

はじめまして。
さんきちと申します。

Iron Maiden行かれたのですか?羨ましいです!!

私、今回のセットリスト見て鳥肌が立ちましたわ。
オープニングの“Aces High”の文字を見ただけで
ちょっと感動したくらいですから。

照明が落ちてUFOの“Doctor Doctor”ですか?
これまたナイスな選曲!!

やっぱり今回は大阪は無理だったのかなぁ~
関空あるのに・・・

投稿: さんきち | 2008.02.21 00:00

>> さんきち さん
はじめまして。
会場選定に関しては私の推測ですが、おそらく運航スケジュールの都合が優先されたんではないかと思います。
さんきちさんが行けなかったのは残念でしたが、今回の幕張公演は DVD 化されると云う情報もあります。
おたのしみに~。

投稿: わさび | 2008.02.21 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/40138244

この記事へのトラックバック一覧です: IRON MAIDEN - Somwhere Back In Time World Tour 08:

« 桂吉弥の新お仕事です。 in 繁昌亭 | トップページ | 神田愛山自宅講談会 六畳庵 »