« 遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | エレベーター企画 『後瀬の花・安穏河原』 »

笑福亭福笑一門会

2008/2/2 @天満天神繁昌亭

【たった二人の一門会】

  • 笑福亭たま 「不動坊」
  • 笑福亭福笑 「無いもん買い」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭たま 「蛸芝居」
  • 笑福亭福笑 「宗教ウォーズ」 (作:笑福亭福笑)

※ 第 2 回


 昼は島之内のお茶屋・たに川にて『一生に一度はお茶屋遊びをしてみたいぞの会』に参加。たに川の 若旦那 のお茶屋解説に始まり、美味しいお弁当に舌鼓を打ちつつ昼間っからおビールをいただき、芸子さんの舞を堪能し、お座敷ゲームの「金比羅船々」や「虎々」を体験。それなりのお値段でしたが、それなり以上の経験をさせていただきました。これで一見さんではなくなって、次から個人的に利用できる?
 お茶屋ってのは基本的に《座敷を貸す商売》で、そこで客が心地良く過ごすための演出をしてくれるところだそうです。お酒を飲みたければ用意してくれるし、うどんを食べたければ取り寄せてもくれる。なかには座敷を借りて麻雀をするお客さんもいるそうな。芸子を呼ぶ・呼ばないは客の自由だそうです。もっとも、なにをするにもそれなりのお足は必要ですが。

 南森町へ移動し、コーヒー・ショップでウトウト‥‥。

 ひと息ついて繁昌亭へ。昨年につづいて 2 度目の福笑一門会は早々に前売り完売したようで、補助席はもちろん、立ち見も大勢出る大盛況。


 まずはたまが露払い。マクラに、繁昌亭開席以降に入門した後輩、いわゆる繁昌亭チルドレンの「これあかんでしょ?」をたっぷり。いままであちこちで聞いたことのある話の総集編で、ネタ繰れまくり。
 「不動坊」はフル・ヴァージョン。嫁を迎えることになった利吉のニヤケも、風呂屋でのノロケも増量。クサされたやもめ三人衆の屋根の上での騒動も増量。最初から最後までテンション高く、クスグリてんこ盛り。

 つづく福笑は挨拶のあとに「あいつ 43 分演りやがった」。4 席で 2 時間半越えを宣言。考えていた船場吉兆のマクラが冷凍餃子騒動でワヤになったと、それでも中国ネタを交えてあれこれ。世相の転がし方はお手のもの。
 「無いもん買い」は『年越しオールナイト』で演ったときよりもクスグリ増量。味噌屋で喜六的男が《泣き味噌》を注文し、丁稚から喜六的男から番頭からみな泣き出して、最後には清八的男まで泣き出す始末。

 中入りを挟んで、たまの 2 席目「蛸芝居」は、こちらも独自のギャグ満載。とくに旦那とタコが芝居に興じる場面が秀逸で、最後はタコの北斗百裂拳が旦那に炸裂。(さすがに爆発はしないが) 芝居はあくまでもクサく、ハメモノが入ってにぎやかに。

 トリの福笑は「ジャズ大名」の出囃子で登場。マクラで日本人の無節操な宗教観をぶった切り。しかし、本題の「宗教ウォーズ」に比べれば甘いもの。犬猿の仲である神主と住職の想像を絶する争いは、双方譲らずドンパチにまで発展し、最後には落下傘部隊まで登場。「なんと云う、なんと云う、なんと云うヒドい落語なんだー!」の絶叫に、云うとわかっててもやっぱり爆笑。


 4 席で 2 時間 40 分。たまさんの熱演で福笑さんが発奮し、これでもか!と云うたっぷり濃厚な一門会に。福笑一門をたった二人とあなどる事なかれ、ですね。

|

« 遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | エレベーター企画 『後瀬の花・安穏河原』 »

コメント

 わさびさん,たに川へ行かれたんですね。むっちゃ羨ましいです。私も多分行けるだけのぜぜはあるんですが,いかんせん時間が…。

投稿: wakadoshi | 2008.02.10 08:50

>> wakadoshi さん
伝統芸能とか、その世界観が好きな人は、経験として一度行ってみて損はないと思いますよ。

投稿: わさび | 2008.02.10 23:56

「宗教ウォーズ」のジャズをアレンジした出囃子がとても格好良くて、なんていう曲か知りたかったんです。
「ジャズ大名」っていうんですね♪感謝( _ _)

投稿: は~と | 2008.02.11 23:16

>> は~と さん
「ジャズ大名」は、おそらく同名映画のテーマ曲です。
サントラも出てるみたいですよ。
もっとも、出囃子ヴァージョンは収録されてないと思いますが。:o)

投稿: わさび | 2008.02.11 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭福笑一門会:

» 「第2回 笑福亭福笑一門会」 [まどろむパイドロス]
節分の前日の2月2日、待望の「第2回笑福亭福笑一門会」 が繁昌亭で開かれました。 「これが下克上落語だ」、「吹き出す血潮の師弟愛」等など 宣伝チラシに踊る、鬼もさっさと逃げ出しそうな過激なコピ ーの数々…。 なんだか凄いことになりそうな予感──。(^^;) 立ち見も出るほど満席の客席の期待感で熱気ムンムンの中、 始まりました一門会。 まずは、笑福亭たまさんから。 まくらは、オープン以来連日盛況の繁昌亭効果で入門者が増 えて、後輩の彼らとの感覚の違いやどう接するかで戸惑うこ となどを面白おかしく... [続きを読む]

受信: 2008.02.11 23:17

« 遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | エレベーター企画 『後瀬の花・安穏河原』 »