« 快楽亭ブラック毒演会 | トップページ | 桂吉弥の新お仕事です。 in 繁昌亭 »

坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』

2008/2/12 @in→dependent theatre 1st

※ Stage 88


 朝からの雨はやみましたが、冷え込みが厳しく。天候のせいか、待ち行列はいつもより少なめで、入りも 30 人くらい。予約も少なかったのか、椅子も少なめの配置でした。


 この日のメニューは↓こちら。

  • 『身体からいろんなモノを出す男』
  • シュウイチの輪
  • SyuTube
  • 『ミッド・ナイト・エクスプレス』 第 44 話 「出町柳常務の黒い闇」
  • エンディング

月替わりゲスト作家作品 『身体からいろんなモノを出す男』
 身体からいろんなモノを出す男の無言劇。ダンス&マイム。
[構成・演出:ウォーリー木下(sunday)]

超短編連続ドラマ 『ミッド・ナイト・エクスプレス』 第 44 話 「出町柳常務の黒い闇」
 田々南徹のホスト・チームが分裂危機。(全 50 話)
[作・演出:サシマユタカ]

 月替わりゲスト作家のウォーリー木下が前説。諸注意のあと、この日は坂口修一に替わって実弟のケイジが舞台を務めるというムチャ振り!?!?

 今回はオープニングもなく、いきなりスタート。そして無言。文字どおり『身体からいろんなモノを出す男』が繰り広げる、不思議な時空間。
 全身タイツの黒子がウロチョロしてたり、チープなギミック盛りだくさんで、それでも不思議さが前面に出てて安っぽく見せないところはさすが。煙と証明と映像を使った演出はお見事。観客を舞台に引っ張り上げたりも。
 トータル 40 分ほどだったが、もうちょっとテンポ・アップしても良いかも。

 「シュウイチの輪」のゲストは、ビルチュ田川こと田川徳子(劇団赤鬼)が ミス・エアギター・ジャパン・コンテスト 2007 に出場したときのエピソードをたっぷり。
 ちなみに「《ビルチュ》とはドイツ語で《キノコ》のこと」と本人が云っていたが、実際には pilz で《ピルツ》の方が近い。

 『ミッド・ナイト・エクスプレス』は佳境に突入し、徹とシルバーフォックスのホスト・チームの抗争が激化。特命の指令を受けた徹が苦渋の選択で、チームは分裂の危機に。最近は 10 分越えがあたりまえみたいで、登場人物の数もさることながら、とにかく情報量が多い。


 無言劇ってどんな感じなんかと思ってましたが、シュールな展開でなかなか楽しめました。ただ、もうちょっと短くまとめて、ひさびさに《土の会セレクション》を入れてほしかった気がします。
 『ミッド・ナイト・エクスプレス』の方は、スケールがデカいんだか小さいんだか、なんだかスゴい展開に。ファンは来月末までに全話おさらいしておく必要アリ、ですね。
 ご本人が 88 回目のステージを指して「もう 88 回ですよ。米寿ですよ」には笑ってしまいました。米寿って。

火曜日のシュウイチ
坂口修一の日記

|

« 快楽亭ブラック毒演会 | トップページ | 桂吉弥の新お仕事です。 in 繁昌亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/40105057

この記事へのトラックバック一覧です: 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』:

« 快楽亭ブラック毒演会 | トップページ | 桂吉弥の新お仕事です。 in 繁昌亭 »