« こごろうの会 | トップページ | 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 »

月亭遊方・三遊亭白鳥 二人会

2008/3/17 @天満天神繁昌亭

  • 遊方・白鳥 《ごあいさつ》
  • 匿名希望 「 」
  • 月亭遊方 「酔いどれ交番所」
  • 三遊亭白鳥 「ナースコール」
    ―― 中入り ――
  • 月亭遊方 「ペンギン・ア・コーゴー」
  • 三遊亭白鳥 「ハラペコ奇談」
  • 遊方・白鳥 《ごあいさつ》

※ 第 2 回
※ すべて自作ネタ


 いまノリにノッてる遊方さんと、関西でも人気が定着しつつある白鳥さんによる、繁昌亭での二人会の第 2 弾。期待感も手伝って、かなり気合いを入れて前売り買ったんですけど、フタを開けてみると 1 階席に 8 割程度とやや少なめ。この日はいろいろと会が重なったのが原因だと思います。
 今回は《変な子ちゃん》特集と云うことで、遊方さんと白鳥さんがちょっと(かなり?)変わった女の子の出てくる噺をそれぞれ口演すると云う趣向。


 まずは遊方と白鳥がごあいさつ。この日は桂小米朝と柳家花緑との会と重なっていたが、遊方・白鳥のファン層とは重なっていないだろうと遊方が分析。

 トップは旭堂南湖‥‥のはずが、お茶子が名ビラを裏返しに置く。ドラマ『水戸黄門』のテーマ曲の出囃子で登場したのは、匿名希望。水戸黄門にあこがれた天皇陛下が、皇太子殿下と秋篠宮殿下をお供に仁徳天皇陵へ墓参りへ向かうと云う「天皇陛下漫遊記」。講談『水戸黄門漫遊記』を下敷きに、クスグリ時事ネタてんこ盛り。大阪のひどさを浮き彫りにしつつ、笑いたっぷり。ネタおろしなのに、いきなり封印作品に。

 遊方の 1 席目は、酔っぱらいの話や天王寺周辺の警察事情をマクラに、深夜の交番に酔っぱらいが訪れる「酔いどれ交番所」。以前よりもクスグリ増量で、酔っぱらいのリアクションも過剰に。全体に整理されてるのに、噺としてはふくらんでバージョン・アップ。

 白鳥の 1 席目は、自身の妻が初めて出産するときに怒られまくったエピソードをマクラに、新人看護士のミドリちゃんが次々と騒動を巻き起こす「ナースコール」。ミドリちゃんのおとぼけぶりもさることながら、スケベじじいのキャラもスゴい。笑いの波状攻撃。

 中入りを挟んで遊方の 2 席目は、夢見る乙女のような女の子が苦手と云うことを具体例も交えながら熱く語ってから、そんな女の子が登場する「ペンギン・ア・ゴーゴー」。超ポジティヴな女の子が世間をイラつかせまくる。演ってる遊方自身もかなり恥ずかしそうで、それがまたおかしみに。

 白鳥の 2 席目は、人間の欲望のなかでは食欲がいちばん勝ると云う実話をマクラに、白鳥版ホラー落語で「ハラペコ奇談」。貧乏な芸人の親子が迷い込んだ一軒家が実は‥‥と云う、某映画にも似た展開だが、白鳥の方が先だとか。終盤の緋毛氈を使ったギミックもたのしい。サゲを云ったのに客席が静まりかえってあわてるも、なんとか別のサゲをひねり出す。

 最後もふたりでごあいさつ。「ハラペコ奇談」に対して遊方が「春團治師匠の前でできるか?」と問えば、白鳥は「小三治師匠の前で演ったんですよ」。


 とくに新作の会で全部おもしろいことってなかなかないんですが、この会は 5 席が 5 席ともおもしろい、5 打席連続ホームランみたいな会でした。遊方さんと白鳥さんはもとより、それに負けじとスゴいネタを作ってきた南‥‥匿名希望さんもあっぱれでした。
 この会を THE ROLLING STONES でたとえるなら、もちろんミック・ジャガーでしょう!

 次回は 12 月 3 日(水)です。

遊方 FOR YOU!
三遊亭白鳥 公式ホームページ

|

« こごろうの会 | トップページ | 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月亭遊方・三遊亭白鳥 二人会:

« こごろうの会 | トップページ | 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 »