« 育っちゃったまつり! | トップページ | 喜寿記念桂春團治落語会 東西華の宴 »

月亭会

2008/3/30 @アークホール

  • 月亭八方 《ごあいさつ》
  • 月亭八光 「動物園」
  • 月亭遊方 「酔いどれ交番所」 (作:月亭遊方)
  • 千樂一誠 《創作舞踊》
  • 月亭八方 「崇徳院」

※ 第 4 回


 雨のなかをアークホールへ。それでも予約でほぼ満席に。高座まわりが徐々に進化し、木製の仕切や名ビラも。どんどん落語会らしさが。


 まずは恒例の八方の前説。諸注意にも笑いを交え、タクシー運転手の話をいろいろ。以前に聞いた話もあったが、繰れてておもしろさ倍増。

 八光は元プロボクサーの井岡弘樹の「事実は小説よりも奇なり」な不思議エピソードをたっぷり。ネタの「動物園」は全体にザックリした感じ。

 遊方は天王寺界隈の民族性の話をマクラに、最近よく掛けてる「酔いどれ交番所」を。酔っぱらいのボケ具合がとにかくおもろい。狭い高座ながら後半も熱演。

 千樂一誠の創作舞踊コーナーでは、リクエスト 3 曲「ねこじゃねこじゃ」「氷雨」「まつり」をメドレーで踊る。

 八方はマクラで昨今の恋愛事情を軽く語ってから「崇徳院」へ。親バカの旦那や熊五郎の女房に八方特有の押しの強さが効果的。熊五郎のトホホ具合もなかなか。サゲは「割れても末に‥‥」。


 時間枠は前説+約 2 時間くらいに落ち着いた感じです。いつもながら八方さんのサービス満点の会で、毎度のことながら前説も落語もたっぷりたのしませていただきました。遊方さんも師匠の前で演るってことで、いつも気合いが入ってます。八光さんはネタの掘り下げが必要でしょう。

 次回は 5 月 11 日(日)です。

|

« 育っちゃったまつり! | トップページ | 喜寿記念桂春團治落語会 東西華の宴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月亭会:

« 育っちゃったまつり! | トップページ | 喜寿記念桂春團治落語会 東西華の宴 »