« ALICE COOPER - Japan Tour 2008 | トップページ | 育っちゃったまつり! »

喜寿記念桂春團治落語会 東西華の宴

2008/3/29 @ワッハホール

  • 《三代目桂春團治の歩み》
  • 桂壱之輔 「手水廻し」
  • 柳家喬太郎 「擬宝珠」
  • 笑福亭福笑 「葬儀屋さん」 (作:笑福亭福笑)
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭鶴瓶 「Always お母ちゃんの笑顔」 (作:笑福亭鶴瓶)
  • 桂春團治 「お玉牛」

※ 二日目・昼の部


 当座の豪華ゲストをズラリと並べた春團治師匠の喜寿を記念した落語会。とくにこの会は強力ゲストで、“テレビの人気者”鶴瓶さんの効果もあってか、前売り券は 10 分ほどで完売。よく取れたもんです。
 もちろん満席で補助席までギッシリ。


 オープニングは映像(写真とナレーション)でつづる三代目春團治の歩み。写真には、桂米朝、笑福亭松鶴、桂文枝の《上方落語四天王》や、柳家小さん、古今亭志ん朝の姿も。

 “繁昌亭で一番最初に落語を演った噺家”壱之輔は「手水廻し」。田舎弁が途中からあやふやになるも、最後まで手堅い運びで。

 つづいて東京からのゲストで喬太郎が、JR の喫煙者迫害を立ち上がって切々と訴え、ウルトラマン(初代)と帰ってきたウルトラマンのスペシウム光線の発射ポーズの違いを実演で詳細に解説し、ギザ十への思いを語ってから、「崇徳院」かと思わせて「擬宝珠」を。金気の物をなめるのが趣味の若旦那がわずらう噺で、喬太郎が埋もれた古典を発掘・再構成したそう。気持ち悪さ満載で、お得意の落語世界を崩すクスグリも随所に。

 福笑の登場に大向うも。物忘れの小咄から、「死ぬのは先の人から順番」とか、ムチャな前振りから「葬儀屋さん」へ。遺産相続でもめる兄弟と葬儀屋とのあれこれ。いつもより勢いはやや抑えめながら、福笑ならではのブラックなチョイス。

 中入りを挟んで、鶴瓶は開口一番「福笑云う人、おかしいでしょ?」。松鶴へ入門するとき兄弟子の福笑に金を取られかけた話から、福笑のムチャなエピソードいろいろ。春團治師匠とのエピソードも挟んで、唐突に「Always お母ちゃんの笑顔」へ。学少年(鶴瓶)と母親とのビックリ合戦。ネタに入ってからはやや走り気味で、笑い所も流れた感じ。

 トリの春團治登場に、あちこちから大向うが掛かる。記念の会と云うことで、マクラの挨拶に笑いも交えてきっちりと。
 「お玉牛」は、前半の村の若い連中のワチャワチャと、後半のムチャ者の夜這いが見もの。とくに牛の尾の動きが秀逸で、この場面は何度観てもおもしろい。


 ゲストはかなり濃い組み合わせでしたが、それだけに満足度もひとしお。とくに喬太郎さんは東京からのゲストと云うことを逆手に取って、こんな記念の会でも演りたい放題でした。
 春團治師匠は、口跡はやや頼りないところもありますが、厳かなたたずまいと美しい所作はまだまだ健在です。表情もクルクル変わりますし、まだまだ現役でがんばっていただきたいです。

 それにしても、客席から携帯電話の着信音が頻繁に。緊急電話を気にしなければならない人は落語会なんかにきてる場合ではないでしょうし、そうでない人はマナー・モードではなく電源を切っていただき、切り方がわからない人は携帯してこないように。

|

« ALICE COOPER - Japan Tour 2008 | トップページ | 育っちゃったまつり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜寿記念桂春團治落語会 東西華の宴:

« ALICE COOPER - Japan Tour 2008 | トップページ | 育っちゃったまつり! »