« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | 第六次 雀三郎みなみ亭 »

TOKIO Live Tour 2008 “SUGAR”

2008/3/20 @大阪城ホール


 なぜかチケットが廻ってきまして、いつもの落語倶楽部のメンバーで TOKIO のライヴへ。初ジャニーズです。繁昌亭に寄ってたもんで会場着がギリギリになり、グッズ売り場をのぞけなかったのがチと残念。
 この日は立ち見も出る大入りで、当たり前ですが女性客が 99 % 近いです。

 ステージ・セットがかなり豪華で、メイン・ステージとセンター・ステージとバック・ステージをつなぐ花道がアリーナ中央を縦断。メイン・ステージの両翼の迫り出しもかなりあり、メンバーができるだけファンに近づけるような配慮がなされてます。
 メイン・ステージは和風の装飾で統一されており、スタンドの迫り出しには電飾が設置され、とにかく金がかかってます。


 暗転して 1 曲目の“宙船(そらふね)”は歌い出しをア・カペラで。観客が意外とおとなしい。予習用 MD で楽曲は聴いていたが、後方にブラスとストリングを従えて、音はかなり厚め。サウンド・バランスは取れていている印象。
 長瀬智也〈Vo〉もほとんどの曲でギターを弾くが、それよりステージを動いた方が観るライヴになって良いような。城島茂〈G〉や山口達也〈B〉はそこそこ動いている。

 途中、メンバーがセンター・ステージに集まってわりと長めのトーク・コーナー。前日の大阪公演のあと、フィギュアスケート番組のために東京へ戻っていた国分太一〈Key〉の話から、楽屋話的なゆるぅ~いグダグダ感がなんとも独特の雰囲気。

 “本日、未熟者”での松岡昌宏〈Ds〉の和太鼓ソロはイケてるのか!?!? 所々の不思議な演出をのぞけば、普通のロック・バンドのコンサートでたのしみやすい。不思議な演出もおもしろいが。
 終盤の“JUNBO”で観客がジェット風船を発射。長瀬からのメッセージのあとの“sugar”で本編終了。
 最後の最後の“城島ソング 2008”はメンバーが出演する CM で構成されたメンバー紹介曲。パターンはいろいろあるみたいだが、ラストの“城島ソング”は毎回恒例とか。
 全部終わってからメンバーがステージを練り歩いてお愛想。ここらはアイドルらしい。


 予習用 MD で助かったところもありますが、もともと知ってた曲も多かったですし、想像以上にロック・バンドっぽくて、普通にたのしめました。お客さんがもっとキャーキャー云ってるかと思ったんですが、経を聴いてたのしんでる感じでした。
 それにしても、メタボなお姉さまが多かったのは気のせい!?!?


  1. 宙船(そらふね)
  2. 青春(SEI SYuN)
  3. AMBITIOUS JAPAN!
  4. do! do! do!
  5. Sweet Sick Honey
  6. ALIVE-LIFE
  7. undid
  8. リプライ
  9. ひかりのまち
    --- Talk ---
  10. どいつもこいつも
  11. Stardust Lover Orchestra
  12. 本日、未熟者
  13. ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)
  14. LOOP ~愛しい日々のメロディー~
  15. 明日を目指して
  16. SONIC DRIVE!
  17. JUNBO
  18. sugar

  19. Cadence
  20. 城島ソング 2008

TOKIO

|

« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | 第六次 雀三郎みなみ亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/40590452

この記事へのトラックバック一覧です: TOKIO Live Tour 2008 “SUGAR”:

« 坂口修一 Solo Act Live 『火曜日のシュウイチ』 | トップページ | 第六次 雀三郎みなみ亭 »