« 與兵衛桃林堂かしや寄席 | トップページ | 四葉の会 染丸ぷらす四人の精鋭たち »

繁昌亭昼席

2008/4/28 @天満天神繁昌亭

  • 桂ちょうば 「いらち俥」
  • 林家竹丸 「動物園」
  • 桂三扇 「又も華々しき華燭の典」 (作:桂三枝)
  • ダブルダッチ 《漫才》
  • 笑福亭仁勇 「貧乏花見」
  • 桂枝三郎 「寝床」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭達瓶 「うどん屋」
  • 桂文喬 「研修医・山田一郎」 (作:桂文喬)
  • 桂三象 《踊り》
  • 笑福亭松喬 「親子酒」

※ 第 84 週


 繁昌亭カードのポイント有効期限が迫ってたんで、なんとか行ける日を算段しての昼席参戦です。いつものように超満員。


 ちょうば、竹丸、三扇までトントンと。とくに三扇は口慣れたネタで、何度聴いてもたのしい。
 ダブルダッチはひさびさに見たが、大阪のおばちゃんネタがおもしろい。あるあるの積み重ねだが、身近なネタだけに笑いも多し。
 ここで福楽のはずが、仁勇に。印刷パンフも仁勇になってたため、事情で交代となったよう。たのしみにしてただけに残念。
 中トリの枝三郎はさすがに客の転がし方が上手い。「寝床」は、町内の衆の断りは簡単に、奉公人の病状をたっぷりと。トントントンとテンポ良く、サゲを微妙に変えて。

 中入り後に事件発生。達瓶の「うどん屋」は「親子酒」の息子とうどん屋とのやり取り。やたらハイな文喬、いつもの爆笑舞踊の三象を挟んで、トリの松喬は逡巡するようにたっぷりめのマクラを振ってから「親子酒」へ。さすがに達瓶とは比較にならない上手さだが、客席もざわついたまま終演。


 いやはや、ビックリな事件でした。ネタがツく(同趣向のネタが出る)てなことはままあるでしょうが、まったく同じネタとは‥‥。会場を出てからも、お客さんの間ではこの話題で持ちきりでした。

天満天神繁昌亭

|

« 與兵衛桃林堂かしや寄席 | トップページ | 四葉の会 染丸ぷらす四人の精鋭たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« 與兵衛桃林堂かしや寄席 | トップページ | 四葉の会 染丸ぷらす四人の精鋭たち »